Some Were Born To Sing The Blues

Saxとジャズ、ピアノとブルース、ドラムとロックが好きなオッサンの日々の呟き

何事もなく、4連休は過ぎていく

先週末は4連休だったのだが、特筆すべき事もなくあっさりと終わった。連休初日は相方は休日出勤。となれば、俺はカラオケボックスに行ってSaxの練習だ。4連休で県を跨いでの旅行をしている人も相当いるのだろう、きっと。表立って発言していないだけで。俺達…

静かな夏がやって来る

「ねえ、晩御飯どうしようか?」夕方、スポーツジムに行こうと準備している相方が俺に尋ねてくる。明日の午後、新しい冷蔵庫が来る。そのため冷蔵庫の中を空にしておかなくてはいけない。つまり今夜は外食だ。 ジムから帰って来た相方と「じゃ、外食でいいね…

冷蔵庫を買いに行ったら、スマートフォンを買っていた

去年の10月に川崎に引っ越したのであるが、その時から相方にずっと言われていた。「新しい冷蔵庫が欲しい」去年、札幌から川崎へ相方が引越をした時、引っ越し業者に言われたらしい。「この冷蔵庫、かなりの年代物ですね。電気代とか考えたら新しいのを買っ…

丘の上の愛

俺は売れない画家だった。お前は芽の出ないモデル兼女優。2人で貧乏長屋で暮らしているうちに長い時が過ぎた。 「ねえ、あの丘の上に住んでる人のこと、考えたことある?」お前に問われ、俺は言葉を失う。そんなことを考えて何になるんだ。所詮、俺達とは縁…

【ドラゴン桜】を見て、思い出したこと

(画像は本文と関係なし) 先週の日曜の夜、俺はテレビドラマ「ドラゴン桜」を見ていた。説明する必要はないと思うが、阿部寛さん演じる弁護士が、高校生達に受験のテクニックを教え込み、東大合格を目指すという話。なんで弁護士が受験勉強を教えるのか、未…

俺がピアノを弾く理由

楽器演奏、作詞作曲、小説や詩、絵、写真撮影などを趣味としている人に共通しているのは「作品が完成したら、人前で披露したい」だと俺は思っている。俺なんかは判り易い例で、ギターやピアノの演奏がある程度出来たら、動画に撮ってそれをこのblogで紹介し…

女ロッカーも濡れる街角

人を好きになるのに理由は要らない。これは真理だけれども、そういった場面に遭遇することはあまりない。これは人の体験なんだけれども、それを実感した出来事を思い出したので、記しておきたい。 随分と昔の話だ。30代半ばの頃に、女性ボーカリスト兼ギタリ…

シンガポール旅行(6) 3日目 シンガポール・スリング@ラッフルズホテル 2010/10/17(日)

今、コロナで気分がアップする要素が何もない。なので昔に行ったシンガポール旅行の記録をここにアップする。今回でシンガポール旅行記は終了となる。***マーライオンを見た後は、シンガポール周遊バスを使ってコンコルドホテル(俺達の滞在しているホテル)…

シンガポール旅行(5) 3日目 マーライオンとマリーナベイサンズ 2010/10/17(日)

11年前に行ったシンガポール旅行の記録。今回はその5回目。当時書いたものを、修正してアップしている。*** さて、実質2日目にして最終日である。土日使っての突貫旅行なので致し方ない。昨日はユニバーサル・スタジオ・シンガポールで遊び、本日はマーライ…

シンガポール旅行(4) 2日目 ショーを観る 2010/10/16(土)

コロナのせいで閉塞感が半端なく、ストレス溜まりまくりなので、11年前に行ったシンガポールの旅行記をリライトしてアップしています。その4回目。***モノレールに乗って、待ち合わせの駅で相方の友人Mさんと会う。Mさんのお子さん2人も合わせて合計5人で…

シンガポール旅行(3) 2日目 ユニバーサル・スタジオで遊ぶ 2010/10/16(土)

コロナのせいで何処にも行けない。詰まらないので、11年前に行ったシンガポールの旅行記をリライトしてアップしている。今回はその3回目。***地獄の高さのケーブルカーを降り、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)へと向かう。この典型的な「南国的…

シンガポール旅行(2) 2日目 セントーサ島へ行く 2010/10/16(土)

11年前の回顧録。2010年に行ったシンガポール旅行記の続き。*** 本日はユニバーサル・スタジオ・シンガポールで遊ぶ予定。ということで、朝の8時過ぎくらいに目が覚める。部屋の中は空調が効いていて、とても良い感じだ。せっかくなので窓を空けて外の景色…

シンガポール旅行(1) 初日 2010/10/15

コロナに耐え忍ぶ生活も2年目に突入してはや数ヶ月。去年の今頃は何やってたっけ、と思い出して暗澹たる気分になった。東京中野のボロアパートで、ちゃぶ台の上にPCを乗せて在宅ワークに勤しんでいたのであった。ああ、思い出したくもない。あの生活のせいで…

君が人生の時…

去年の12月から川崎のピアノ教室に通っている(ピアノ自体を始めたのは2017年)。ピアノ講師のM先生はまだ若く(25歳前後)、美人でぽっちゃりさん(俺はぽっちゃり体形の女性が好みなのだ。黙らんか、ジジイ)。彼女にピアノを習う時間は俺にとって非常に…

スペイン語と楽器演奏

水曜日は相方がスペイン語教室に通う日だ。教室の時間が夜の19時~20時台なので、水曜日は基本的に晩御飯は別々に摂る。火曜の夜、相方に確認した。「明日はスペイン語(教室)あるよね」「うん。晩御飯どうしようか?」相方の問いに俺は「別々で良いよ」と…

"In My Life"に決着をつける

コロナの影響で、バンド活動は去年の3月から停止したままだ。正月にバンドのメンバーから「明けましておめでとう。今年もよろしく」という挨拶メッセージがLINE経由で来た。4月くらいにベースの人から「スタジオ入りたいけど、まだ無理だねー」みたいな雑談…

メキシコ料理とサッカー

5/1に横浜にあるニッパツ 三ツ沢球技場まで出掛けて来た。サッカーJリーグ、横浜FC対鹿島アントラーズ戦を観る為だ。俺は鹿島アントラーズのサポーターである。相方に「5/1に横浜でアントラーズの試合があるから観に行かない?」と誘うと「良いよー」との答…

15歳の俺へ。EAGLESの「Hotel California」を弾いた

音楽の趣味というものは、かなりの割合で自分の兄や姉の影響を受けることが多いと思う。俺は長兄だったので、そういう意味では影響を与えてくれる人がいなかった。運良く、3つ年上の従弟が実家の近所に住んでいて、俺によくアナログレコードを貸してくれた。…

少年がギターを手にするのは「女の子にモテたい」からであり、ギターが弾けるようになったら、女の子にモテるようになるのか?

世の中には、ギターが弾けると女の子にモテると信じている馬鹿な男がいる。そして世の中には、ギターを弾く男は女の子にモテたくてギターを始めたと思っている女性がいる。これはどちらも間違いである。 そもそも女性にモテたくてギターを弾けるようになろう…

"Tears In Heaven"を吹いてみた

先週の日曜日の話。スタジオに行ってSaxを吹いてきた。演奏したのは"Tears In Heaven"。説明する必要も感じないが、エリック・クラプトンの名曲である。 去年の10月に川崎に引っ越してきた。2019年の6月から去年の9月までは東京中野で1人暮らし。その1年半弱…

人のblogを読んで思ったこと

酒呑みなら、誰でも馴染みの飲み屋というものを持っているだろう。酒を飲まなくても、お気に入りのカフェ、レストランがあるという人もいる筈だ。そして当然の事ながら、「たまには違う店でも行ってみるか」「いつもの店も良いけど、新規開拓してみる?」み…

映画「モンスターハンター」を観た

久しぶりに映画館で映画を観た。映画館で最後に観たのは「ターミネーター:ダークフェイト」だ。あれは東京で独り暮らしをしていた頃、週末に暇つぶしで観に行ったのだった。充分楽しめたが、シュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトン要らねえよな、という…

「またバンドをやらないか」俺は言った

昨日、旧友と酒食を共にしてきた。彼と会うのは約3年振りになる。旧友は、俺の大学時代の先輩だ。年齢は3つ上。俺が札幌から東京に戻った時に「東京戻ったから、そのうち会おう」と約束していたのだ。ところが、東京に戻ってから暫くは、仕事が地獄のように…

街の風景

街を歩いている時に「ああ、これは画像として残して置きたいな」という場面に遭遇することがある。そういったものをいくつかスマホで撮影したりする。俺は写真撮影技術を持っていないし、所有しているスマホの性能も悪いので画像の質も良くない(おまけにblo…

いつか犬を飼いたい、と彼女が言った

偶々なのだが、ペットを亡くしてペットロスになっている人のblogを2つ続けて読んだ。blog主のペットを失った悲しみが文章からも窺われた。俺自身はこの歳になるまでペットを飼ったことがない。だから正直言ってペットロスになった人の気持ちを心から理解出来…

彼方からの手紙

Facebook、Instagram、TwitterとSNS全盛期な気がする。皆、よくそんなにやっているなあと思う。 俺がFacebookを始めた最大の理由は、古いアメリカの友人を見つける為だった。無事にその目的は果たされ、友人と連絡を取れる状況になった。アメリカ人はFaceboo…

一年振りにドラムを叩いてきた

一昨年(2019年)の夏は悲惨だった。札幌から東京に戻り、単身赴任状態で仕事は地獄のように忙しく、日々に喜びはなかった。それを救ってくれたのがバンドだった。2019年夏、バンドのリーダーK君が俺をバンドに誘ってくれた。あれは嬉しかった。東京で一人…

好きな女を抱けて、好きな酒が飲めて、好きな音楽を聴けたら、それはきっと幸せなんだろう

下に書いた文章は、2011年夏に書いた話。丁度10年前の仕事、会社に絡んだ話だ。書いてある内容は全て事実。俺は前から何度も書いているように、仕事は人生における最重要事項ではないと思っている。というよりも人生における仕事の優先順位はかなり低い。俺…

ぎっくり腰になったのだ

ぎっくり腰になったのだ。俺がじゃない、なったのは相方だ。 先々週の日曜日の午後。俺はいつものようにカラオケボックスに出掛けた。Sax練習の為だ。帰宅すると、相方はダイニングテーブルでパソコンを見ている。きっと映画だろう。俺が着替えてリビングに…

Saxを吹いて、安室奈美恵に憧れたアムラーの気持ちを知る

札幌から東京に戻っての1年半、Saxを吹いた回数は数える程だった。10回未満なのは間違いない。去年の10月末に川崎に引っ越して「これではいかん」と心を入れ替えた。Saxを吹くよう、意識的に機会を増やした。また自分の中で、エリック・クラプトンの『Tears…