Some Were Born To Sing The Blues

Saxとジャズ、ピアノとブルース、ドラムとロックが好きなオッサンの日々の呟き

オオカミ少年の言い訳

去年の夏に禁煙を始めたことを思い出した。人生3回目の禁煙。煙草呑みは人生で何度くらい禁煙にチャレンジするものなのだろうか。(その時のことを書いた過去記事はこちら。気が向いたら読んでみてください。人生、三度目の禁煙 - Some Were Born To Sing Th…

おもてなしは、ろくでなし

NHKでウズベキスタンからやってきた留学生の特集をやっていた。ウズベキスタンは、スペイン、ポルトガル、トルコに次いで行ってみたい国なので、ちょっと興味がある。その留学生(男性)は、日本のサービスを学び、ウズベキスタンでサービスの良いホテルをや…

そして僕は途方に暮れる

全集中、水の呼吸 神奈川で暮らし始めてから、相方が時々意味不明なことを言う。上記の言葉もそうだ。ついに頭がイカレタかなと思い、「それ何だよ」と問うと、鬼滅の刃だよとの言葉が返って来た。鬼滅の刃が人気のアニメだということくらいは知っていたが、…

正月は江の島だ

昨日、仕事から帰ると、相方が「報告があります」と俺に神妙な顔を見せた。相方が俺に報告があるといった場合、それは2種類しかない。「貴方とはもうやってられないんで、離婚します」か「へへ、また新しい服(バッグ)買っちゃった」のいずれかである。ちな…

執行猶予期間が終わった

8月になって、俺の執行猶予期間が切れた。なんの事かと言えば、1年半弱の在宅ワークが終わり、現場に出る羽目になったのだ。前の現場は2月で終了していた。それから単発の仕事をやったり、オンライン研修を受けたりして7月までを過ごした。毎日、亭主が家に…

シングルマザーに捧げる鎮魂歌

多分、もう生きてはいないのだろうな。俺はなんとなくそう思った。去年の9月のことだ。彼女の誕生日が来ていた。俺はLineで「誕生日おめでとう」とメッセージを送った。メッセージはいつまで経っても既読にならなかった。それから1年が過ぎた。俺のメッセー…