Some Were Born To Sing The Blues

Saxとジャズ、ピアノとブルース、ドラムとロックが好きなオッサンの日々の呟き

永遠に美しく

土曜日の夕方、相方が病院(美容整形外科?)から帰って来た。1年に1度、ヒアルロン酸を注入しているのだと言う。俺と知り合ってからも、そんなことしてたのかなと思うが、彼女が好きでやっていることだから、特に俺が何かを言うことはない。また費用だって、…

あなたを幸せにしたい

俺のblogを読んでいるような方(今、まさしくこの一文を読んでいる人だ)は、きっとblogを読む以外にも色々なネットの楽しみ方を知っている人だと思う。そして、これは多分そう違っていないと思うのだが、きっと貴方はYouTubeも楽しんでいる筈だ。勿論、俺も…

たまには贅沢をしよう

ちょっとした小金が手に入ったので、相方に「なんか美味いもんでも喰いに行こうか」と水を向ける。俺の予想では、寿司か焼肉、しゃぶしゃぶ辺りを選択するだろうと思っていた。相方は「ホテルのランチ・ビュッフェに行きたい」と言う。お、思ったよりも安上…

5番目の恋人がやってきた

タイトルだけ読んで、何やら艶っぽい話でもあるのかと想像した人はいないだろう。そんな話がある筈もない。では、5番目とは何か。楽器の話である。 中学生の時にギターを弾き始めた。同じクラスの横山君というオタク少年にギターを教えて貰い、俺はコードを…

どうやら来年はエジプトに行くらしい

土曜の朝、10時頃に起きる。相方に「今日は午後からピアノ教室だから、1時ちょっと過ぎに出るよ」と告げる。相方は、夕方から元同僚のF妻と食事に出掛けるとの事。となると、晩御飯は俺1人だ、サッポロ一番で決まりである。味噌にするか塩にするかは後で決め…

恋人と別れて30年が過ぎ、その元恋人の娘と出逢う夜

古い友人であるShellyからメッセージが届いた。「私の娘のAdrienneが日本に行くのだけれど、時間取って彼女と会ってくれるかしら?」 Shellyはアメリカ在住の白人女性だ。Shellyと俺との関わり合いは、過去に書いた。こちらを参照のこと。25歳に戻れた夜~ブ…