Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京で一人暮らしを開始。2020年10月に神奈川に移り住む。生々流転の日々。

ミニマリストではないが、断捨離でもしてみようか

f:id:somewereborntosingtheblues:20201009162557j:plain

引越しが迫ってきたので、それに備えて断捨離でもしてみるかと思い立った。

唖然とする。
そもそも、捨てる物が殆どない。というか、捨てるほど、物を持っていない。

現金以外で俺にとって大事なものは、サックス、ギター(三本)、スネアドラム、電子ピアノの楽器群。そして、趣味のDVD、CD。言っておくが、DVDはエロい奴じゃないよ。時代劇のDVD。
あとは何だ? 仕事に着て行くワイシャツやスーツ、プライベートで着る服。これくらいしかない、かなりざっくり書くと。大きな物としては、すのこベッドとスーツケース、それくらいだ。
会社支給のも含めて、ノートパソコンが三台あるけど。邪魔だな。そんなに要らん。会社のパソコンなんか投げ捨てたいけど、それやるとクビになるし。

去年の6月に東京に戻ってから、買った物って電子ケトルくらい。服では、ワイシャツ、トランクス、靴下を買ったけど、これらは仕事用でもあるし、ある意味消耗品だ。俺が東京に戻ってから、プライベートで買った服は、黒のカーディガン一着のみ。

相方と会った時に「東京戻ってから、仕事以外の服は一着しか買ってない」と言うと、相方は宇宙人にでも会ったような衝撃的な顔になって「信じられない」を連呼した。
俺に言わせれば、季節の変わり目になると「バーゲン行かなくちゃ」と言って、服に散財している相方のほうが、よっぽど信じられない。

押入れを開けてみたが、捨てられそうな物がない。必要最低限で生活しているから、不要な物がないんだよな。私服は数えるほどしか持っていない。
ただ、もう使っていない小物とかは結構あるだろうから、その辺りは整理出来るかもしれない。

ぱっと見ただけでも、リップスティックが三本あったり、爪切りが二本とか、こういった「金銭的にダメージはないけど、なんか無駄に買った物」ってのが結構ある。洗面台には、使っていないT字剃刀が二袋あったりもするし(ダブって買ったのだ)。
明らかに無駄な物とか、押入れにあるはずだ。それらを一つ一つ整理していけば、結構良い断捨離になるかもしれない。

相方とまだ一緒になる前、相方の住んでいるアパートに泊まりに行ったら、相方が嘆いていた。
「包丁と鍋の蓋がないんだよねぇ…」
「どうしたの?」
「間違って、捨てたんだと思う」
どこの世界に包丁と鍋の蓋を間違って捨てる奴がいるのだ? ここにいます。
相方は俺の真逆で、超断捨離魔である。俺も断捨離されないように気を付けよう。

明日は土曜だし、ゆっくりと断捨離でもしてみるか。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれない。