街の風景

街を歩いている時に「ああ、これは画像として残して置きたいな」という場面に遭遇することがある。
そういったものをいくつかスマホで撮影したりする。俺は写真撮影技術を持っていないし、所有しているスマホの性能も悪いので画像の質も良くない(おまけにblogに載せる場合は画像サイズを落とすのでさらに劣化する)。
それでも個人的には気に入った絵がいくつかあったりする。それを今日はblogに残して置こうと思う。

日曜の夕方、カラオケボックスから帰宅する途中に見た景色。ボックスに行ったのはヒトリカラオケをやりに行ったのではない。Saxの練習に行ったのである。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023405j:plain

マンションの廊下から見えた夕焼け。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326021834j:plain

相方は札幌生活で嫌だった点の1つにソメイヨシノが見られないことを挙げていた。相方は桜大好き人間なのだ。数日前に2人で近所を散歩していた時に遭遇した桜の木々。
「ソメイヨシノ見るの、数年振りじゃない?」と尋ねると「そうだね。やっぱり桜は綺麗だなー」と喜んでいた。1年のうち、たったの2週間程度しか桜は花が咲かない。その儚さ、美しさが日本人の琴線に触れるのかもしれないな。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022226j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022316j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022328j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022345j:plain

前にスタジオに行って1年振りにドラムを叩いて来た時に見かけた建物。何かと思ったが、映画館らしい。随分と洒落たフォルムだ。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022511j:plain

雨上がりに見えた虹。俺以外にもスマホで撮影している人がかなりいた。虹を見たら、とりあえず撮るよね、後で消すにしても。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326022656j:plain

在宅ワークでオンライン研修を受けなくてはいけない。ということで、自宅では気が散るのでカラオケボックスで研修を受けることにした。会社支給のPCをカラオケボックスに持ち込んで研修受講。ちなみに右側にSaxが見えるが、勿論仕事中なので吹くはずがない。ああ、Saxの良い練習が出来た(え?)。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023041j:plain

駅まで歩いている時に見かけた。酒瓶とプラスチックのコップ。ここで宴会をやったのだろうか。正しく路上のカクテル・パーティといったところか。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023214j:plain

今の街に引っ越してから3ヶ月くらいした時に偶然遭遇した富士山。そうか家の近所から富士山が見えるのか。これは嬉しい。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023719j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023738j:plain

近所のコンビニ付近にあった倉庫? 何故、№1がないのか。個人的にはかなりのミステリーだ。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326023831j:plain

或る日、マンションの入り口で見掛けたもの。そうか、Amazonて平気でこうやって荷物を置いていくのか。これが盗まれたりしないのが、日本なのかと思ったり。これは他国じゃ通用しない配送システムだよな。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326024014j:plain

相方と散歩途中で遭遇した一軒家(賃貸か分譲かは不明)。3階のところが丁度線路と同じ高さである。というか、建物と線路が近すぎる。これ、騒音が相当凄いのでは?
相方が「私だったら絶対に住めないよ。うるさくてテレビとか聴こえないんじゃない?」と言う。俺は「あ、これ賃貸だったら住みたい。そしたら、部屋でSaxはおろか、ドラムの練習も出来るんじゃね?」と。
無論、相方には却下された。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326024337j:plain

マンションの廊下から駅のほうを見ると見える景色。俺は結構この夜景が好きだ。商業ビルと人々が暮らす家が見える。夜中まで働く人もいれば、家族団らんを過ごす人達もいる。f:id:somewereborntosingtheblues:20210326024607j:plain


何の気なしに撮ったものばかりだが、一つ一つに物語があるような気がしてくるから不思議だ。