Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

ギターを売った

ずっと長い間、GIBSONハミングバードというアコースティックギター(以下、アコギ)が欲しかった。だが、これは値段が新品だと40万円前後する。いくらなんでもこの額はギターには出せないなと自分の中で結論が出てしまっていた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190221001137j:plain

(これが、GIBSONハミングバード

じゃ、どうするかとなった時に、廉価版のエピフォンというメーカーだと4万円しないで買えるのが判明した。これなら、手が出せる。それにしても、値段が十分の一以下だと、さすがにぱちもん(偽物)感が半端ない。が、どうせ俺が弾くんだしな。ということで、安いメーカーのハミングバードを購入した。音がどうとか実は俺はよく判らないので、俺にはこのギターで充分だ(ギターの音色判らん奴が、バンドでギター担当しているのって、どうなんだ?)。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190221001245j:plain

(これが俺の買った廉価版のハミングバード

 これで一旦は全てが解決したのだが、別の種類の問題が残っていた。うちの部屋は大して広くないのだ。クローゼットも狭い。そこに、サックス、エレキギター二本、エレキベース一本、アコギー二本、ドラムのスネア。収まらないのだ。
エレキ二本はそれぞれに思い入れのある物なので手放す気はない。ベースはここ何十年も弾いていないが、ま一本くらいあってもよかろうという気持ちになる。
サックスに関しては言及する必要すらない(無論、手放す筈がない)。
しかし、アコギが二本あっても仕方ない。一本は最近買った廉価版ハミングバード、もう一本は東京から持ってきたもの(こっちも安い)。

ということはだ。古いアコギは売る事にしよう。
先日、楽器屋に古いアコギを持っていって買い取って貰った。買った時の値段が4万円しなかったと記憶している(安物ギターが好きだな、俺って奴は)。このギターを買った時、旧友とアコギ二本のデュオをやろうという話が持ち上がっていて、それで買ったのだった。本当はもっと高い奴を買おうと思っていたのだが、デュオが上手くいく保証がどこにもなかった。もし、何回か練習して「上手くいかないから、辞めようぜ」ってなった時に高いギターを買っていたら、先行投資として大きすぎる。それで一番安物を買った。
旧友と組んだアコギデュオは、ライブも三回やれたし、俺が札幌に引っ越さなければ今でも続いていた筈だ。そう考えると、もっと高いのを買っても良かったのかもしれない。
4万円しないギターを五年以上も使い、ライブも三回実施。充分に元は取れた。減価償却済みという奴だ。ただ、あまりにも古い、安い、部分的に故障箇所ありだから、買い取って貰えるか判らなかった。査定して貰うと、4,000円という値段がついた。いや、充分でしょ、この値段なら。色々頑張って貰ったアコギだが、もう俺の傍にいて貰っても仕方ないので、これでさようならだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190221001513j:plain

(これが売った古ギター)

 ギターというのは、ある意味恋人みたいなもんだなあと思う。学生時代、20代の頃、そして30代を過ぎてからと付き合う相手も変わる。変わるというのは、単純に前の恋人と別れて新しい人と付き合うという意味だけじゃない。自分自身の人生のステージが変わると、付き合う相手のタイプも変わってくるという事だ。これは自分自身の立場や考え方、年齢など色々な要素が絡み合ってくる事が要因だ。
例えば、俺が相方と知り合ったのは30代後半だけれども、もし彼女と20代の時に知り合ったら、まず間違いなく付き合う事すらしていない。向こうも同じ事を言う筈だ。これは互いの持っている経験値や考え方、嗜好が20代の頃と30代後半ではまるで違うからだ。
ギターも同じ。ギターの腕前がまだない10代の頃は高価な物は買いたくても買えない。そしてギターの腕がある程度上達し、金銭的余裕が出てくる20代になると、10代の頃より良いものが買えるようになる。
さらに40代以降になると、今度は腕とか関係なく、自分の経済状態に応じて好きなものを買うようにシフトして行く。

相方が以前、「長く付き合った恋人と別れるというのは、その恋愛の寿命が来たって事なんだよ」と判ったような判らないようなことを言っていた。
ギターもそうなのだ。俺が4,000円で売った古ギターも、その役割を終えて、俺の所有物である寿命を終えたのだ。それに古ギターは楽器屋でメンテナンスして貰い、新たに別の所有者の物になる可能性がある。俺がクローゼットの奥に突っ込んでいたら、このギターはずっと埃を被って楽器としてお終いになるだけ。
そう、これで良いのだ。ギターだって新しい出会いがある。恋愛だってきっと新しい出逢いがあるよ(誰に向かって言ってんだよ?)。

俺の今の悩みは、新しいエレキギターが欲しいって事なんだけど。ちなみに今持ってるエレキギター二本は手放す気はさらさら無い。
スカルノ婦人だって、五番目だったのだ。だとしたら、俺が三番目の婦人を迎え入れたとしても、きっと許されるだろう。