Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

週末はアルコールとビートルズ

先週末の出来事。
仕事でストレスが溜まってきたので、これは「ロックだな」と思い至った。日本語がおかしい。ちゃんと書こう。ストレスが溜まったので、発散するには「ロックのライブを見るのが一番だ」と思いついた。これが正解。これなら意味も通る。
札幌だと、すすきの辺りにライブバーがあるのは判っていたので、検索してみた。「すすきの ライブバー 飲み放題」で検索。なんで飲み放題なのかって? 土曜日に相方が東京に出張だったのだ。相方不在の場合は、特例で飲酒OKなのである。こんな時に飲まなくていつ飲むのだ、という話である。
すすきので「ガールズバンドの生演奏が聴ける」店というのがヒットした。「ガールズバー」ではない。「ガールズバンド」だ。ホームページの謳い文句は「80年代の懐かしのヒットソングから最新のものまで」とある。しかし、80年代の音楽となると、プリンセス・プリンセスとかレベッカ、ショーヤとかか?(あんまり詳しくないけど)。そうなると、「ガールズバンド」じゃなくて「ウイメンズバンド」じゃないだろうか。ま、実際に演奏するのは若い子達なんだろうけど。
メニューを見たら、飲み放題コースはあったのだけれども、それと並んで「ガールズドリンク」とあった。あ、そういうことね。つまりこの店は、演奏しない時間帯はバンドガールが客のテーブルについて、キャバ嬢みたいな役割をするのだろう。
シェリル・クロウやハートといった女性ヴォーカル物は好きなので、女性バンドでもロックさえしていれば全然構わないのだが、バンドウーマンに接客して貰っても嬉しくない。それにカクテルグラスに少量注いだだけのウーロン茶ごときに800円も払うのは馬鹿馬鹿しい。

これは無しだな。ということで次の候補へ。次は、ビートルズコピーバンドが出演するバーだ。こちらは飲み放題で、3,500円。ミュージックチャージ込みだから非常にリーズナブルだ。バンドもハコバン(店専属のバンド)だから、演奏はある程度保証されている筈だ。よし、こっちにしよう。そう決めた。
「何を演奏するか想定出来るようなのを聴くのか? それよりも飛び込みで知らないライブハウスにもで行けよ。それでこそロックだろ」と思われる方もいるかもしれない。だが、この日の俺は「ロックが聴きたかった」のであって、「ロックな行動をしよう」と思っていたのではない。

最初のステージが8時半からとのことで、8時過ぎに店に行く。店はわりとこじんまりとしている。もっと大きい店かと思った。まあ、ビートルズだとそんな大音量で爆音でやるような曲はないからな。
ステージに並んでいるギターを見てテンションが上がる。リクエストカードがあるので、初期の古めの曲を書き込む。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190218224752j:plain

「MONEY」「YOU'VE REALLY GOT A HOLD ON ME」とどっちもビートルズの持ち歌だが、カバー曲だ。何しろ、20代の頃にこの曲を自分もバンドで演奏していたからね。懐かしいという事で。「YER BLUES」もリクエストしたんだが、却下された模様(笑)
何度も書いているけど、俺はビートルズよりもストーンズ派だ。それでもやはりある程度のレベルのビートルズのトリビュートバンドの演奏を聴くと、それなりにテンションは上がる。でも、出来れば、ストーンズオンリーの演奏やる店とかないのかな。東京とかだったら、あるかもしれないけれど、やっぱり札幌だと難しいか。
2ステージ見て、店を後にした。なかなか満足した。ただ、やっぱり自分の中での「ロック聴きたい熱」からすると、ビートルズだと弱いんだよなあ(ビートルズが悪いという訳じゃない)。こればっかりは、やはり求めているものの違いだから仕方ない。
この店は飲み放題だったので、結構飲んだと思うがよく覚えていない。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190218224841j:plain

二軒目のバー(俺の唯一の札幌での馴染みの店)に行った時は、既に泥酔状態。だから、酒は飲むなというのに。

二軒目の店では、テキーラを飲んでいたような気がする。結局、さらに泥酔して気付くと日曜のお昼だった。リビングに、買った記憶のないサンドイッチとおにぎりがあった。典型的な二日酔いで頭が痛い。ずっと寝ていたかったのだが、この日は、午後からピアノ教室の発表会があるのだ。
シャワーを浴びたが、あまりすっきりしない。二日酔いの体で教室に行く。出番は二番目だった。ちなみに演奏するのはビートルズの「YESTERDAY」。去年の夏にやはり発表会でやって失敗したので、そのリベンジだ。
演奏前にピアノの先生に「意気込みをどうぞ」と一言喋らされたので「昨日飲みすぎて、今二日酔いです。演奏酷かったら、酒のせいだと思って下さい」と全く始末の悪い言い訳をして演奏を始めた。素面でだって、どうせまともに演奏出来やしないのだ。途中、何度か酒のせいで指が震えて(緊張ではなく、明らかに酒のせい)、しくじったが、なんとかやりおおせた。
去年の夏のリベンジは果たせたかなと思う。出番が終わったので、煙草を吸いに席を外し、喫煙所へ。その後はコンビニに行ってハイボールを。迎え酒だ。

この週末は、ひたすらビートルズとアルコールだった。ま、たまにはそんなのがあってもいいだろう。