Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

彼女に白い花束を

f:id:somewereborntosingtheblues:20180216015416j:plain

貴方は人生で何度、女性に花束を贈った事があるだろうか?
貴女は人生で何度、想われ人から花束を貰った事があるだろうか?

花束を恒常的に貰える人というのはかなり限定されると思う。
女優、歌手、ホステス、そのくらいだろうか、ぱっと思い浮かぶのは(ちなみにキャバ嬢と花束はあんまりリンクしない、俺の中では。ただの偏見だけど)。

今までの長い人生で、女性に花を贈った経験は三回しかない。
一度目は、21歳の時。まだ付き合うかどうかも決まっていない女性と新宿でデートの約束をした。その女性と会うのは二度目だった。二人きりで逢うのは初めて。
新宿に向かう途中で花束を買った。たったの500円だった。30年も前の話だが値段はさすがに覚えていた。当時の俺に、女性の心象を良くする為に花を買うなんていう才覚はなかった。なんで買ったのかな、その心情はちょっと思い出せない。
多分、乗換駅に向かう途中の露店か何かで買ったのだと思う。初デートに向かうのに、手ぶらじゃ淋しい、しかし何を持っていけばいいのか判らん、お、花束が500円じゃん、これならいいんじゃね? その程度の浅はかな考えだったような気がする。
俺が人生で初めて花束をあげた女性とは、結局付き合う事になったのだが、その後は多く語る必要はあるまい。

二回目は、小劇団に所属する女優さんだった。申し訳ないが、もう名前も顔も忘れてしまった。知り合いの所属している小劇団の芝居を観に行ったら、「あ、いいな」と思う女優さんが舞台に出ていた。素敵な女性だったので、次回公演も観に行って、その時花束を渡した。ファンが女優に花束をプレゼントするなんていうのは、格別珍しくもないので、大した逸話でもない。俺もそれほど深い意味を込めて渡した訳じゃないし。
ジャニーズのアイドルのファンがバレンタインにチョコを贈るようなもんだな。この時、俺は20代後半くらいだったろうか。

三回目は、30歳を過ぎた頃かな。俺が10代の頃に好きだった女性歌手が品川のホテルのバーラウンジでライブショー的な事をやるというので出掛けた。品川駅の前に花屋があったので、そこでブーケを作って貰った。
10代の頃は、この歌手に逢いたくて、あわよくば結婚までしようと思ってたのだ(何しろ10代の頃の話だからね)。30過ぎてやっと彼女を生で観る事が出来て、話も少しだけどさせて貰った。
だけど、やっぱり(俺自身が)30過ぎて、人生経験も女性経験もそれなりに積んでしまうと、もはや偶像と会ってもあまり意味がない事に気づいてしまうんだよな。10代の頃、TV越しに感じたトキメキみたいなもんは無くなってたし。
それにその歌手は既に二回目の結婚をしていた。人生なんて、そんなもんだ。

そして、30過ぎてからは女性に花束を贈る事なんて考えた事もなかった。俺と一緒に酒を飲んでくれる(そしてそれより遅い時間も一緒にいてくれる)ような女性は、花束とは無縁だったから。
もしかすると、中には花束を貰って喜ぶ女性もいたのかもしれない。だが、俺の中に毛筋ほどもそういった発想が浮かばなかった。それに30代の頃に一緒にいた女性は大抵はジュエリーを欲しがったから。勿論、たいして高い物なんか買ってあげた記憶はない。
それにリングとかネックレスって、大事なのは値段じゃなくて気持ちだよな。とか言ってるから駄目だったのかな?

そして俺も50歳なので、今更女性に花束を贈るような歳でもない。もっと若い頃に女性に花束を贈る事を習慣づけておくべきだった。手遅れである。

先日、相方が誕生日を迎えた。平日だったのだが、夕方の16時くらいに「あ! そうだ。誕生日に花束買ってプレゼントしようかな」と思いついた。その日は21時くらいまで残業する状況だったので途中で仕事を抜け出し、近所の花屋さんで花束を購入。
帰宅して、花束を渡すと「あ! 誕生日だから? ありがとう」と相方は随分とあっさりとした態度でそれを受け取り、花瓶に生けた。
なんか、もっと喜んでくれるのを期待していたが、拍子抜けした。が、よく考えてみれば相方と知り合ってから10年以上経つのに、花束なんか贈ったの初めてだもんな。ま、このくらいでいいのかもしれない。
それにリクエストされたネックレスは週末にプレゼント済なのだ。相方は「花より団子(現金)」の人だからな、仕方ない。

人生で思い出せる程度にしか、女性に花を贈った事のない人間が、唐突に花を贈ろうなんて発想が生まれる筈もない。
勿論これには伏線がある。
「結婚以来、主人から初めて誕生日に花を貰った」とブログに書いた女性のお蔭だ。

貴女のお蔭で、俺は初めて相方の誕生日に花束を贈る事が出来ました。

ありがとう。

outblue69.hatenablog.com