Some Were Born To Sing The Blues

酒好き、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。50歳目前で札幌に引越し、ピアノを始めました。

もうすぐ春が来る

3月になった。さすがの札幌もだいぶ暖かくなってきた。札幌に来てすぐに寒さと雪の洗礼を受けたので、2月は全然辛いとは思わなかった。
日本の何処でも2月が一番寒い季節だろう(違う?)。だから、2月は相当辛いのではないかと思っていた。東京にいた頃も2月が一番辛かった(寒かった)からね。
だが、12月、1月ですっかり寒さに鍛えられたので、2月はむしろ楽だった。ある夜、「今日は暖かいなあ」と思ってとあるビルを見上げたら(そのビルには温度表示があるのだ)、マイナス2度だった事があった。
それを相方に伝えたら「もうすっかり札幌の人だねー」と言われた。何を言う。札幌市民にそんな簡単になれる訳がない。まだ一度しか転んでないしね(笑)

12月からずっと積もっていた雪もかなり溶けて来た。車道はほぼ雪がない。まだ歩道は雪が残っているけど、これが溶けたら、本当の春が来るんだろうなあ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170307234459j:plain

札幌で暮らして丸々三ヶ月が過ぎた。まだ、札幌の位置関係がよく判っていない。何しろ冬だったからねえ。動き回る訳にもいかないし。これから暖かくなれば、色々なところへ出掛ける事になるだろう。慌てても仕方ないさ。
それに4月になれば相方が来る。当分無職で暇を持て余す相方は色々なところへ出掛けたがるだろうから、ほっておいても家にいられなくなる。いまのうちは家でゆっくりケーブルTVで映画でものんびり観よう。

ピアノも始めて2ヶ月が経った。イントロ、Aメロ、サビ、間奏と順にレッスンで教えて貰い、今アウトロー(エンディング)を習っている。いかんせん、初めてのピアノだから物凄く簡略化した演奏にして貰っている。
だが、アウトローは結構左手が恰好良いので、これは譜面通りにやりたいと先生に申告した。そうしたら、結構難易度が上がった。簡単なヴァージョンだったら、もう完成間近というところまで来たのだが。自分でハードルを上げたせいで、ゴールが遠くなった。だが、自分の中で「これはまあ、頑張れば出来るレベルだな」というのが判っているから、くじける事なく練習を繰り返している。多分、今月中にはなんとか最後まで(つっかえながらも)弾けるようになるだろう。そうしたら、厚顔無恥なこの中年のおっさんは、きっとyoutube辺りにピアノ演奏をアップするだろうから、奇特な方は聴いてあげて下さい。

仕事は特に言う事はない(それに仕事のことはあまり書きたくないし)。ただ、一つ言えるのは、今の俺が所属しているチームのリーダーが滅茶苦茶良い人なので、その人のお蔭で非常に気持ちよく働けている。仕事でストレスを抱えている人の理由の90%は人間関係だと思う。
俺も過去に行かされた現場で辛かったところが二つあった。一つは、自分のスキル以上のものを求められた時。28歳くらいの頃だったかな。そうだな、例えるとレストランでのオーダーや道を尋ねる程度の英会話しか出来ない人が、商談の通訳を任されたといった感じか。これは辛さが判ると思う。あの時は本当にきつかった。
そしてもう一つが去年の今頃。詳細は一切書きたくないが、50代のお局にパワハラを受けた。たった4ヶ月の現場だったが、本当につらかった(もともとは長期の予定だが、途中で契約打ち切りになったのだ)。
そのお局の席が俺の横なので毎日職場に行くのが苦痛だった。契約打ち切りになったと言われた時、来月からの食い扶持どうしよう(フリーランサーだったから)という心配よりも、もうお局の顔を見なくて済むほうがずっと嬉しかった。
救いだったのは、相方に詳細を伝え、「今の現場辛い」と言った時に、相方が「そんな事言わずに頑張りなよ」とは言わずに「辞めちゃえ、そんな現場。仕事なんていくらでもあるよ」と言ってくれた事だ。あの時、相方が俺を追い詰めずに「好きにしていいよ」という態度を取ってくれた事が物凄く救いになっている。
また、お局にパワハラを受けてた事が「フリーランサーで現場を渡り歩くよりも、ある程度落ち着いた会社に所属したいなあ」という引き金になっている。無論、正社員になった会社で嫌な奴に遭遇する可能性も否定出来ない。それは一種の賭けだったけどね。

あまり書きたくないといいつつ、仕事のことをだらだら書いてしまった。

携帯メールが来たので、何かと思ったら、東京にいた頃のサックス教室仲間からのメールだった。春になったので、合同練習や花見飲み会をやろうと書かれていた。ってゆーか、俺がもう札幌なのは知ってるのに、なんで俺にも寄越すかなあと訝しむ。ふと見ると、東京のメンバーがみな送信相手になっていて、俺のメアドはccに入っていた。
なんとなく、今でも仲間のつもりでいてくれるのかなと思って、ちょっと嬉しくなった。いい歳して何言ってんのかね。
でも、そういったささやかな喜びが、きっと辛い時に人を救ってくれるのだと思う。

あと1ヶ月ちょっとで相方が札幌に来る。まずは、札幌ビール工場に行って、ジンギスカンでも喰うかな。おっと、その前に俺は意地でもピアノで「LET IT BE」を今月中に仕上げねば。これは自分への課題だ。

下は札幌で久しぶりに外で食べたランチ。ご飯、味噌汁お代わり自由で500円(税込)。これって東京と比べるとやっぱり安いのかな?(笑)

f:id:somewereborntosingtheblues:20170307234558j:plain