Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京で一人暮らしを開始。2020年10月に神奈川に移り住む。生々流転の日々。

サンフランシスコ旅行(3)2日目 ダウンタウンで朝食を~ジャニス・ジョプリンの街を歩く 2009/09/21(月)

2009年9月にサンフランシスコへ出掛けた時の旅行記の続き。旅行記を書いたのは2009年なので、11年前の記録である。

***
サンフランシスコ(以下SF)旅行2日目。
今日はダウンタウン上着を買う事を決めていてた。というのも、日本にいた頃からSFは日本(東京)に比べて気温が低い事をガイドブックによって知っていた。SFではアルカトラズ島観光とゴールデン・ゲイト・ブリッジ観光をしようと決めていたので上着が必要だろうと思っていたのだ。
日本から冬着を持っていく事も考えたが、せっかくだからSFで服を買うことにしたのであった。それに、ダウンタウン探索もしたかったし。

シェラトンのホテルで感心したのが、部屋にスターバックスコーヒー用のコーヒーメイカーがあるのだ。これのお陰で毎朝、美味いコーヒーを楽しむ事が出来た。ちなみにホテルのコーヒーメイカーで淹れたスターバックスのコーヒーは美味いが、店のスタバのコーヒーは例外なく不味い。これは一体何故だ?

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183308j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183333j:plain

部屋の窓からダウンタウンの街が見えるのだが、霧に煙っている。霧の街といえばロンドンが有名だが(とか言いつつ、イギリスには行った事がないので、どれだけロンドンが霧の街なのかは知らないのだけれども)、SFも見事な霧の街である。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183349j:plain

ダウンタウンの店は大体10時から開くであろうから、9時半頃にケーブルカーに乗る。我々が泊まったシェラトンから徒歩5分弱で、ケーブルカーの発着所に着く。非常に便利である。
ここが始発なので客もまだ少ない。ケーブルカーの運転手から「写真撮ってやるよ」と言われて、写真を撮って貰う。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183432j:plain

ということで、飽きもせずケーブルカーから撮った写真を載せる。相変わらず、街の坂が凄い。(というか、坂の凄さは日々変わる訳じゃないけれど)

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183500j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183510j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183521j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183532j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183544j:plain

ダウンタウンに着いたのが10時20分くらい前。ちょっと早すぎたか。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184537j:plain

ということで、アメリカン・ブレックファストを食べる事にする。アメリカの食事と言えば、ベーコンエッグかスクランブルエッグが代表であろう。相方はパンケーキを食べたいとのことで、パンケーキセット。俺はメニューにあった「クラシック・ブレックファスト」(追加でベーコン)。
これが、相方が注文したパンケーキセット。分厚いパンケーキが二枚乗っている。凄すぎる。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183623j:plain

そして俺が注文した伝統的なアメリカン・ブレックファスト。追加でベーコンを注文したが、これが大失敗。いわゆる焦げ焦げで全然カリッとしておらず、不味い。まあ、アメリカの朝食に美味さを期待してはいけない。満足出来るのは量だけだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183638j:plain

これに、コーヒーとダイエット・コークを注文。パンケーキセットが12$ちょっと。クラシック・ブレックファストが11$くらい。飲み物込みで、28$程。朝飯に三千円弱使うってのはどうなんだろう?……

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183702j:plain

ちなみに、SFは観光地だけあって、物価は高め。東京辺りで普通に食事するのとたいして変わらない感じ。
食事を終えて、相方が化粧品屋で化粧品を買う。25$だったので、100$札を使って両替して貰おうと100$札を出すと店員から「細かいのはないのか? 25$の買い物で100$札を出すな」と散々に文句を言われる。文句言うくらいなら、100$を流通させるな。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183752j:plain

せっかくダウンタウンに来たので、ユニオン・スクエア(ようするに広場)まで散歩する。ユニオン・スクエアは別にたいしたことはなかった。が、わざわざ来たので、記念写真を撮っておく。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183825j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183837j:plain

ダウンタウンはあまり期待した程、気に入った店が見つからなかったので、ヘイト・アシュベリーまで足を伸ばす事にする。ヘイト・アシュベリーは古着屋や、水パイプ屋さんなどが立ち並ぶ、ヒッピー発祥の街らしい。
あのジャニス・ジョプリンが一時期暮らした事もある街らしいのだ。なんといっても、あのジャニスが暮らした街となれば、これは観ておきたい。ということで、ガイドブックでヘイト・アシュベリーまで通る市バスを確認し、ダウンタウンからお出掛けだ。昨日買った七日間有効チケットが大活躍である。
ということで、市バスに乗る。ちなみにこの下の写真は市バスではなく、路面電車という奴だ。古びた感じがなかなか素晴らしい。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183925j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812183936j:plain

ヘイト・アシュベリーのメインストリートは色々な店が並んでいる。なんといっても、水パイプ屋とTシャツ屋さん、そして古着屋さんの数の多さにはびっくりだ。
何故かボブ・マーリィのTシャツばかり売っている。要するに、ドラッグとレゲエの街なのであろうか?……

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184308j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184324j:plain

しばし歩いていると楽器店を見つけたので入ってみる。中には金髪でドレッドヘアの白人女性がテルミンを演奏していたりする。写真を撮りたかったのだが、さすがに店内なので諦める。Sax関係の教本やスコアもかなり置いてあったのだが、趣味に合うものがなかったので購入は断念する。
店のショーウィンドウにアメセルのアルトサックスが1500$の値札を付けていた。さすがにこれはどうなのだろうと首をひねる。ちゃんと鳴るのだろうか。もし、メンテナンスが完璧なら、1500$のアメセルは超お買い得ではあるが……まあ記念に写真を撮っておく。ちょっと反射して見づらいのはご容赦を。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184011j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184022j:plain

さすがにヒッピー発祥の街だけあって、ビルの外壁などに、お洒落なペイントが散見される。日本でも、チーマーとかが店のシャッターに下手くそなセンスの欠片も感じられない落書きをするが雲泥の差だ。日本の渋谷辺りで暴れているガキどもは、こういった洒脱さを見習え。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184046j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184057j:plain

古着屋さんも三軒程入ったが、残念ながら気に入った上着は見つからず。古着ってのは一点モノだから、自分のお気に入りが見つかるかどうかは運もあるからなあ。
ヘイト・アシュベリーのメインストリートを歩き尽くすと、公園にぶつかった。「ゴールデン・ゲイト・パーク」らしい。ガイドブックの地図を見ると相当広い。さすがに公園を歩き回ると体力が尽きるので、入り口だけ入ってすぐに引き返した。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184117j:plain

マクドナルドの前で、私服刑事らしき黒人がジモティの黒人を手錠で逮捕していた。アンダーカバー(おとり捜査)か?と相方と二人でワクワクしたが、残念ながら写真はない。当たり前だ。さすがに捕り物の最中を写真に撮る勇気はなかった。それにしても、マックの前で逮捕とは、一体なんなのだろう。やはり薬か。
ヘイト・アシュベリーまで来たのに、買い物ゼロは寂しいので、見かけた中古CD屋さんに入る。さすがアメリカといった感じだったのが店の入り口に自分のバッグを預ける場所がある。万引き防止だ。
ちょうど、エリック・アレキサンダーのCDがあったので、二枚購入。相方はタワー・オブ・パワーレッチリ、そして何故かマイケル・ジャクソンのBAD。何故今更、マイケル??

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184202j:plain

やはりジャニスが住んでいた街を売り物にしているのか、ジャニスのポスターを多く見かけた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184219j:plain

2階の窓から女性の太もものオブジェを出していたりして、なかなかファンキーな街ではあるね、ここも。

f:id:somewereborntosingtheblues:20200812184237j:plain

主目的である上着を購入出来なかったので、どうしたものかと考えながら、とりあえずダウンタウンに戻る事にした。