Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

スペイン旅行1 2017/10/10 0日目 トランジットの香港で思う

2017/10/10(火)から2017/10/19(木)まで、スペイン、カタルーニャ地方に行って来た。カタルーニャと言うよりも「バルセロナ」と言ったほうが判り易いか。
が、最近のスペインの色々な問題からやはりそこは「カタルーニャ」と言っておきたい。

札幌に引っ越してから初の海外旅行である。北海道の千歳空港からヨーロッパへ飛ぶ場合は、韓国経由か香港経由かのいずれかとなる。相方の最大の希望であるメキシコに行く場合は、どうしても成田を経由しないといけないらしい。
やれやれだ。
日本という国は実に東京中心に回っている事がよく判る(成田空港は東京じゃないけど)。

俺達のスペインへのフライトは香港経由となった。この時、壮大に勘違いしていた。千歳発が14:30。そして香港着が20時過ぎ。そこから4時間トランジットで辛抱して夜中の零時半に香港出発。スペイン着が朝の7時。
なので、千歳→香港が5時間、トランジットに4時間、香港→スペインが7時間と算出した。大きな勘違いである。香港とスペインの時差を全く考慮していなかった。
「7時間なら、結構楽だなー」と呑気な事を考えていた。去年、スペイン行ったのだから、香港から7時間で行けないことくらい、判りそうなものである。
相変わらず頭が悪いのだ。

荷物を詰めている時に、相方がYahoo!か何かの天気予報でバルセロナは結構寒い、ほぼ札幌と同じくらいの天気じゃないかと言い出した。まじか。となると、薄手のダウンがあったほうがいいかもしれない。厚手のパーカーも入れておいたほうがいいかも、と荷物が増えた。が、これは大きな過ちでダウンもパーカーも現地では一切着る事がなかった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232746j:plain

東京にいた頃も、東京の自宅から成田空港までリムジンバスで1時間程度掛かった。が、今度の移動はさらに大変だ。地下鉄からJRに乗換えて、新千歳空港という長い長い道のり。海外へ行くハードルがさらに高くなった。
今まで千歳は、東京へ行く時に使ったが、海外は初めてだ。新千歳空港はイメージの問題だけれども、国際線乗り場よりも国内線のほうが広いような気がした。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232815j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232829j:plain

千歳空港に着いたのが12時ちょっと過ぎ。丁度良い具合に腹が減った。じゃ、腹ごしらえしよう。実は機内食でランチが出るだろうなという想像はついていた。が、そこは我慢が効かなかった。それに機内食よりレストランの食事のほうが美味いしな。
ということで、相方は天丼とざるそば。俺は豚丼とざるそば。そして、以前宣言した通り、俺は断酒しているので、アルコールは無しだ。ちょうどこの旅行スタート時点で、断酒して1ヶ月となった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232859j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232913j:plain

48時間前からオンラインチェックインが出来るので座席は通路側を2席指定しておいた。とにかく長いフライト、トイレに行きたい時に行けないと地獄なので通路側がベストである。
海外旅行する度に思うけれども、一度でいいから、ファースト・クラスで旅してみたいものであるなや。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023232941j:plain

ドリンクサービスは当然、ソーダ水。飛行機に乗って(国内線を除いて)、酒をオーダーしなかったのは初めてだ。海外旅行のロングフライトを慰めるものと言えば、免税店で買うウィスキーと映画と相場が決まっていた。が、その片翼である酒がなくなったので、後は俺に残されたのは映画のみである。
相当辛いんじゃないかと想定していたのだけれども、思ったよりもなんとかしのげた。人間、慣れればなんとでもなるものなんだなあ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233016j:plain

5時間程のフライトでトランジットの香港に到着。飛行機を降りた瞬間に感じる東南アジアの湿度と熱気。正直香港は暑かった。寒かった千歳から移動したから余計かもしれないけれども、滅茶苦茶暑く感じた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233036j:plain

それにしても不思議なのが、香港の空港にはシャワールームがあるんだよなあ。バックパッカーの人とかには好都合だろうけど、一般の旅行者にはあんまり使い道がないというか…、いつ使うんだ? という疑問が。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233105j:plain

今回の旅行、何しろ断酒して初の海外旅行なので、自分の中で「酒の代りに煙草を吸う」という事を許可していた。無論、煙草は酒の代用品になんかならない。俺の中では酒>煙草である。
が、何かしらを自分に許しておかなかったら、辛くて仕方ないじゃないか。勿論、帰国後は煙草は吸っていない。香港の空港は喫煙所が至る所にあるのが非常に有難かった。
そういう意味では中国人はスモーカーが多いのかな?

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233136j:plain

香港からバルセロナの便をチェックしていたら、色々な漢字(当て字)に遭遇して相方と笑いあった。
読めたのが、ニューヨークとロンドンだけだった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233221j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233237j:plain

香港の空港は時間があるので、免税店とかを冷やかしていた。が香港ドルのレートがさっぱり判らない。それに俺達はスペイン、バルセロナへ行くのであって、香港が目的地じゃない。香港の空港で土産を買ってどうするというのか。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233307j:plain

香港の空港にはセブン・イレブンがあり、日本でも馴染の商品が多数売っていた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233333j:plain

機内食は無論出た。相方は殆ど手を付けなかったので空腹になったらしい。が、問題は俺達が香港ドルを持っていないという事だ。「空港だったら、米ドルが使えるんじゃないかなー」と歩き回っていたが、米ドルが使えるのがマクドナルドくらいしかない。
そこでマクドナルドへ行って、ダイエットペプシ、アイスティ、ポテトフライを注文して米ドルで支払う。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233401j:plain

と、そこでやってしまった。そう、10ドル札で支払うとお釣りが香港ドルで帰って来た!

f:id:somewereborntosingtheblues:20171023233421j:plain

しまった。忘れていた。米ドルやユーロで払うとお釣りが現地通貨になるのを見事に失念していた。だからみんな、100円、200円程度の買い物でもカードを使うんじゃないか、何をやっているんだ、俺は!

そして更に酷かったのが、香港空港のマクドナルドだ。なんとペプシもアイスティもフレンチフライも全て作り置きなのだ。いや、フレンチフライが作り置きなのはいいよ。それはありだろう。日本でもアメリカでもそうだ。

だが、だ。

声を大にして言う。どこの世界にペプシとアイスティを作り置きしているマックがあるというんだ! ここだ、香港だよ!
ペプシは氷が全て溶けていたし、アイスティに至っては既にぬるくなっていた。店員が楽をする為とはいえ、これは酷すぎる。
俺と相方は死ぬ程不味いフライを食べ、死ぬ程不味いソフトドリンクを飲みながら「これはないよ!」と憤慨しまくっていた。
「結局、中国が世界第二位とか言ってもマンパワーなんだよなー。質で日本を上回ってる訳じゃねーからなー」
そんな事を俺は思った。勿論、中国のとある分野が質でも量でも日本を凌駕している場合もあるだろう。だが、というよりも、物量で日本が勝てないのは明白な以上、勝負するなら、やっぱり質なんだよなあ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20171027232802j:plain

こんな感じで俺達の旅行のスタートはなかなか悲惨だった。だが、そもそも俺達の旅の終着は香港じゃない。スペイン、バルセロナだ。ってゆーか、まだトランジットの香港で話がいっぱいなんだが。

ま、いいや。こんな感じで2017年スペイン旅行記はダラダラと続きます。

あと、余った香港ドルは無理矢理ミネラルウォーターを買って無事に消費しました。