Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

東京に帰りたいと彼女が言った

 

東京に戻って二ヶ月近くが経った。日々の仕事は変わらずクソッタレで(なんか毎回出だしが同じ気がする)、狭い1Kぼろアパートに帰ると気が滅入る。
札幌の生活を懐かしく思う自分がいて、なんだかそれは別れた恋人のことをいつまでも思っている女々しい野郎のような気分になってきて、これまた精神衛生上良くない。
せめて帰宅した時に、何を話すでもなくて良いから、同じ空間を一緒に過ごしてくれる相手がいるだけで全然違うのにな、と思う。相方と離れて暮らして二ヶ月弱。やはり俺のことを一番理解している人間だし、ここ10年以上ずっと一緒に暮らしてきた相手だ。その相手と離れて暮らせば、色々精神的に来るものがあるのも必然だろう。

相方からは毎朝八時にモーニングコールが来る。表向きはモーニングコールということになっているけれども、実際は相方の電話が来る前に目は覚めている。そこで相方と「天気どう?」「こっちは変わらず雨だよ」「札幌は寒いよー。長袖なんだよー」「そっかー」「じゃ、行ってらっしゃーい」みたいなどうでも良い会話を一分程する。要は互いの生存確認電話という奴だ。
先週のことだった。いつものように生存確認の会話をしていると、相方が言った。
「東京帰りたいなー。こっちは友達もいないし…」
相方が札幌で暮らして二年以上が過ぎた。勿論、札幌で友達になった人も何人かいる。結構仲良くなった人もいるらしい。だが、前にも書いたけれども、相方は東京生まれの東京育ち。札幌に来るまで四十数年をずっと東京で暮らしてきた人間なのだ。
子供の頃から、学生時代、社会人になってからと友人の数は多い。それは札幌とは比べ物にならない。それでも俺が札幌を離れるまではまだ良かったのかもしれない。仕事が終わって帰宅すれば、俺という話し相手がいた訳だ。
今の相方は、2LDKの広いマンションに帰っても一人だ。帰宅しても一人ということでは俺も同じだ。だが、俺は東京に戻ってから、「最初から一人で暮らすべき部屋に一人で暮らしている」のだ。それに比べて相方は、二人で暮らしていた広い部屋に今は独り暮らし。
そう考えると、相方のほうが寂しさの度合は強いのかもしれない。

相方が「東京帰りたいなー」と電話で告げた日、夕方にLINEを送った「東京戻りたい件、直接話しようか。俺の仕事終わってからになるけど」
すると相方から程なくして返事が来た。「大丈夫だよ。仕事辞められないしさ。頑張るしかない」

こういったことは「頑張る」とは違うとは思うのだけれども、相方は何か辛い時に「頑張る、頑張る」というのが口癖なのだ。正直言って、俺が彼女に何かしてやれることは殆どない。俺自身も東京での新しい生活でアップアップだ。そのアップアップの大半は慣れない新しいプロジェクトのせいなんだけど。

よく残される方が辛い、と言う。それは真実かもしれない。俺が札幌に行った2016年から2017年の冬、相方は東京に残っていた。当時、仕事を辞められなかったからだ。だが、東京は彼女のホームタウン。だから、一人でもそれほど寂しくはなかったと思う。むしろ、俺がいなかったから、古い友人達と気兼ねせずに会えて、逆に良かったんじゃないかとすら思っている。
だが、今の状況はそうじゃない。やはり俺が先に二人で暮らしていた土地を後にして、彼女がそこに残る。それは2016年冬と同じ構図。ただ、場所が真逆だ。
札幌は、やはり相方にとって、アウェイの地でしかないのだ。いくら新しい友人が出来ても、四十数年の積重ねと二年ちょっとが勝負になる筈もない。

そして真剣に俺に何が出来るだろうかと自問した時に、「何も出来ない」という答えしか出てこなくて愕然とする。せいぜい俺に出来ることは、仕事を粛々とこなして、相方に不要な心配を掛けないようにするくらいしかない。
酒と煙草を控えて、健康的な生活を送るしかない(とは言え、仕事のストレスが半端ないので、酒も煙草も当分止められそうにない)。

仕方ないので、とりあえず東京に来てから初めて自炊をしてみた。ま、男の手料理の代名詞でもある「野菜炒め」なんだけどさ。でも、これを写真に撮ってLINEで相方に送ったら、ちょっとは安心したみたいだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190722222654j:plain

さすがに毎日カップラーメン喰ってるんじゃないだろうな?と心配していただろうから。

人の為に出来る事なんて、実は殆どないんじゃないかな、という気がしている。だとしたら、少しでも真っ当に生きることが、相手に対しての最大の誠意なのかもしれない。
それにしても、IHのワンコンロだと、野菜炒め以外、作る気しないんだけど。どうしたらいい?