Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

男の手料理

料理は基本的には嫌いじゃない。ただ、物凄く単純な話として興味がない。これは、根本として俺が食い物に興味がないからだと思う。
「食べ物に興味がない人なんているの?」
そう驚く方もいるかもしれない。だが、これを「食い物」以外に置き換えれば、物凄く納得して貰える筈だ。
例えば、お酒を飲めない人は、お酒に興味がないだろう。ギャンブルが嫌いな人からすれば、休みの日に一日中パチンコ屋に入り浸っている人の気持ちは理解出来ないだろう。
そういうことである。

食い物の最大の問題点は、人は食わないと生命活動を維持出来ないという点だ。これが面倒臭い。だが、人生というのは、ほぼそういった「面倒臭い」ことの集合体として成立している。諦めるより他ない。
結局何が言いたいかというと、相方が残業で遅くなるので、俺が晩御飯を作る羽目になったというだけのこと。
東京にいた頃は、相方のほうが遅くなる事が結構あったので、割と晩御飯はよく作っていた。とは言え、男の手料理なんて高が知れている。メニューも限られている。それでも「晩御飯を作る」という行為自体が大事なんじゃないかと思っている。家庭内助け合い運動だ、要するに。

札幌に来てから、俺が晩御飯を作るのは初。なんで今まで手を出さなかったかというと、相方がずっと週3日の事務のパートだったからだ。さすがにこれで俺が晩御飯を作るのは違うだろうと思っていた。
だが、今年に入ってから、相方はフルタイムで働き出したし、残業も発生したりする。となると、これは俺もやらなくては、相方の不満も溜まるというものだ。

晩御飯を作る時の俺の中での基本は、以下の三つ。
1.おかずは、メイン一つにサブ二つ。
2.可能な限り、緑を多くいれる。
3.味付けとかでチャレンジは避ける(失敗すると目も当てられないので)

定時に仕事を終え(というか、今は東京赴任の準備中なので、仕事は殆どないのだ)、速攻で帰宅。地元スーパーで食材を購入。この日は、既にメニューは固まっていた。
メイン:野菜沢山の麻婆茄子
サブ1:魚肉ソーセージ、玉葱入りの玉子焼き
サブ2:ほうれん草と油揚げの煮浸し
味噌汁:豆腐+?

味噌汁以外の材料は決まっていたので、スーパーでも特に困ることは無かった。本当は豆腐と油揚げの味噌汁が俺の好物なのでそうしようと思っていた。だが、そうなると、サブ2と具材が被る。スーパーでどうしよーかなーと考えていたが、具が被るのも「男の料理だ!」と割り切った(というか、考えるのが面倒臭くなった)。

帰宅し、まずはご飯を炊く。そして麻婆茄子に必要な野菜をカット。ピーマン、玉葱を切っている辺りは良かったのだが、茄子をカットしているうちに「あー、面倒くせーなー」となってきた。集中力と根性が足りない。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190509195630j:plain

魚肉ソーセージ、玉葱を炒め、玉子を焼く。ここでいつもの癖で卵を6個投入。うちは育ち盛りの子供がいるのではない。俺と相方の二人だけだ。それなのに、サブのおかずの玉子焼きに卵6個は多い。それもプレーン玉子焼きじゃない、具有りなのだ。こんなに卵を使う必要はどこにもない。それでも何故か6個使うのがお約束だ。何故なのか? 誰か知っていたら教えて下さい(知る訳ねーだろ)。うちは具入り玉子焼きの最終味付けはケチャップなので、下味は塩、胡椒を軽く振る程度。但し、目玉焼きの場合は塩、胡椒オンリーだ。この拘りは謎でしかない。

油揚げを湯通しして、油を抜く。そして、ほうれん草をレンジで加熱。それにしても、電子レンジを使うことを「チンする」というのがここまで一般的な用語として浸透しているのが不思議でならない。
蕎麦汁の素があるので、これを適当に希釈して、ほうれん草、油揚げに掛け回す。これで、サブ2品が出来た。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190509195654j:plain

これらの作業と並行して、味噌汁を作る。といっても、お湯を沸かして鰹節入れて、豆腐と油揚げを放り込むだけ。こんなもん、馬鹿でも出来る。だから俺でも出来るのである。

そしてメインのおかず作り。まずは茄子を炒める。前に相方から「茄子は炒め始めると油を吸っちゃうけど、暫くすると油が出てくる」と教えられて、茄子って謎な食材だなとしみじみ思っていた。茄子と挽肉に火が通ったところで、他の野菜も投入。ピーマン、しめじ、しいたけ。ニラとモヤシは最後に投入だ。
ニラとモヤシは余熱で充分だから、最後の最後に入れるというもの相方に教えて貰ったことだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190509195801j:plain

味付けは、勿論「丸美屋の麻婆豆腐の素」だ! インスタントである。麻婆なんて簡単に作れるよという方もいるだろう。俺も過去に豆板醤(コチジャンだっけ?)や大蒜、生姜とか使って作った事がある。だが、その手間と失敗のリスクを考えると、インスタントで充分だ。さすがにそこまで相方もリクエストはしない。

相方が帰宅したので、味噌汁を再加熱し、麻婆茄子にモヤシとニラを投入。最後に何故か、豆苗を散らして完成だ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20190509195907j:plain

よく出来ました。それにしても量が多い。とても二人前のおかずじゃねえな。俺はいつまで経っても二人前の適量のおかずが作れない。でもそれで良いのだ。何故かというと、残れば翌日の晩御飯に回せる。そうなると翌日の相方の手間が減るからだ。あ、思い出した。玉子焼きを大量に作るのも翌日のことを考えてだった。

東京に俺一人が戻ることを考えると(6月からは相方とは暫く別居生活となるから)、俺が札幌にいる間は、出来る限り晩御飯を作らなくてはと思う。
最大の問題点は、新規メニューが全然思い浮かばないことだ。