Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

You'll never walk alone

f:id:somewereborntosingtheblues:20190325000117j:plain

書こうか書くまいか、ちょっと考えたのだけれども、ここは俺のBlogなので…
俺が書きたい事を書くべきだとの考えから書いておく。

朝、8時くらいに起きて、珈琲を淹れてピアノの練習を始めた。今のテーマであるブルース。30分程練習したら、飽きて来たので、見るともなしにテレビを点けた。日曜の朝から爆笑問題司会のワイドショーをやっている。貴乃花さんの兄や母との確執とか、どうでもいい話だなぁと思いながら、ぼんやりと見ていた。話題がNGT48の山口さんというアイドルの事件に移った。この事件に関しては、俺はネットでの情報を適当に読んだ事があるだけなので、実情はよく知らない。山口さんというアイドルもこの事件で初めて知った。
(事件を知らない人の為に、物凄く簡略に説明すると、山口さんという女性アイドルが、ファンに暴行を受けたというもの。詳細はネットでいくらでも調べられるだろうから、これ以上は書かない)

彼女が涙ながらに「謝罪を強要された」「約束を反故にされた」と訴える動画を見て、他人事ながら、辛い気分になった。女性が複数男性から暴行を受けるというだけでも、相当辛い事であるのに加え、本来彼女を守るべき立場の人間(運営会社の取締役)から裏切られたという事実はこれは一種のセカンドレイプであろう。
※山口さんの発言が全て真実かは判らない。だが、俺はそうだと思っている。その前提で以下を書く。

俺自身、50数年生きてきて、清廉潔白で誠実に生きて来た、などと口が裂けても言うつもりはない。その逆だ。不誠実であり、いい加減であり、人も多数傷つけて来た。俺の顔を二度と見たくないという人もいるだろうし、会ったらぶっ殺してやると思っている人だってきっといることだろう(男女問わず)。その認識はある。
女性に対しても、かなり杜撰な、人としてまともとは思えないような事もしてきた。裏切りもしたし、心を酷く傷つけた事も一度や二度じゃないだろう。それらを自覚してやった事もあれば、無自覚でやっていたであろう事もある。

だが、一つだけ俺が誰に憚る事なく言えるのが、「俺は人生において、女性に対して暴力を振るった事がない」ということだ。この場合の暴力は、一般的な意味の暴力、性的な暴力の両方の意味を含む。
これは偶々だけれども、俺は性的暴力の被害に遭った女性を4人知っている。その4人はいずれも俺と親しい付き合いをしていた人達(交際相手という場合もあれば、仲の良い異性の友人という場合もある)だ。
勿論、そんなセンシティヴな話をこちらから話題にする筈もない。偶然会話の流れからその話になった事もある。交際相手の女性から、付き合い出してすぐの時に「話したい事がある」と切り出された事もある。彼女の太股に大き目の裂傷があった。何かな?とは思ったが、当然訊けるような事もでない。彼女がその痕を指さしながら「その時に出来たの」と言った時は、当然何も言える訳もなく、黙って頷いただけだった。そんな時に慰めになるような言葉なんて、この世には存在しない。

4人に共通して言えた事は、それらの傷(心、身体きっと、どちらも)を乗り越えるまでに相当の時間が掛かっただろうと言う事だ。ある女性に関しては、その出来事が俺との交際中に起きた事だったから、彼女が苦しんで、それを心の奥底に仕舞い込むまでをずっとすぐ横で見ていた。相当辛かっただろうと思う。当時、彼女はコンビニに一人で入る事も出来なくなった程だった(コンビニは男性客が多数いるから)。
勿論、彼女達4人全員が「乗り越えられた」とは俺は思っていない。乗り越えられた人もいるかもしれないし、心奥深くに封印して、まるで開かずの間のように扱っている人もいるやもしれない。それは俺が問える事でもないし、本人も判らない事かもしれない。

一つ言える事は、そういった大きな傷なんて負わなければそれに越した事はない。それが一番だ。だが、負ってしまったら、周りの人間に出来る事は、さらなる傷を負わせないという事。それ以外には何もない。慰める方法、傷を浅くする方法なんて無いのだから。今回の山口さんの事件は、本来守るべき大人達、男性達がさらなる傷を負わせている。それが俺には信じられない事だし、耐えられない事だった。
テレビでそれを見ていたら、どうにも気分がもやもやしたので、今日のエントリを書いた。いつも以上に纏まりもないし、無論オチなんてないが、仕方あるまい。

あ、これだけは書いておこう。女性に暴行するような奴は、懲役刑にプラス金属バットで百叩きの刑にすべきだ。性的暴行するような奴は無条件に死刑でいい。というか、死刑にしろ。そんな奴に生きる資格はない。