Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。そして2019年6月に東京暮らしを再開。生々流転の日々です。

WONDERFUL TONIGHT

先週の火曜日の話となる。

プロのギタリストとセッションをしてきた。その人の名は江口正祥さんと言う。誰それ?と思った方もいるかもしれない。だが、「尾崎豊のバックでギターを弾いていた人」と言えば、ああなるほどと納得するのではなかろうか。

どうして俺のようなアマチュアミュージシャンとしても最下層の人間が、そんな人とセッション出来る事になったのか。時系列で説明したほうが判り易い。
・東京から続けていたサックスを札幌でもやろうと札幌でサックス教室に通い始める。
・教室の発表会にアンサンブルで出ないかと講師に誘われる。二つ返事で参加を表明。
・アンサンブルは男性4人で出る事が決まる。そのメンバーの一人が札幌市内でバーを経営するHさん。
・Hさんから「うちの店でセッションとかやってるんですよ。そこに尾崎豊のバックでギター弾いてた江口さんて人出るんだけど、今度参加しませんか?」と誘われる。畏れ多いので躊躇するが、Hさんの「江口さん、ホント良い人だから俺達アマチュアでも全然大丈夫ですよ」との言葉を信じて参加する事を決める。

そして初めて合わせたのが、先々月の4月。この時はテナーサックスで江口さんと合わせる事にした。曲は、「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO」。俺がサックスを吹けるようになりたいと思った切っ掛けの曲だ。
4月のライブ当日、店に行くとHさんから江口さんを紹介して貰う。背が高く、髪が長い。やはりプロだなあという「雰囲気」を持っている。そして人当りが滅茶苦茶良い。
俺はプロのミュージシャンと話をした事がないから、プロはこうだよとか偉そうに言える立場じゃないけど、江口さんはさすがプロと思わせるだけの空気があった。この空気感を持っているのがプロのプロたる所以なんだろうなあ。

実はこの曲を人と合わせるのは初めて。ちゃんと練習しておくべきだったと反省。俺が微妙にロスト(どこを演奏しているか判らなくなる事)したら、速攻で江口さんは俺のサックスにギターを合わせてきた。それにも「さすがプロ。すげー」と感動した。
(というか、プロと合わせるのに練習してねえとか言語道断だ。俺は一度首を括って反省したほうがいい)

合わせる前に「俺、サックスの音がうるせえってよく言われるんですよねー。だから音量注意して吹きます」と言うと、江口さんは笑いながら「いいよ、そんなの気にしなくて。思い切ってやったほうが楽しいじゃん。楽しいのが大事だよ」と。
ああ、すげえ懐が広い。俺は一発で江口さんのファンになった。
というか、彼と会って彼を好きにならない人間はいない。俺はそう断言したい。

f:id:somewereborntosingtheblues:20180616220816j:plain

そして店のマスターでもあり、サックス教室仲間のHさんから「江口さん、良い人だったでしょ。また参加しなよ」と言葉を貰う。次は6月との事なので、今度はギターでやらせて貰おうと決意。

曲をどうするかだ。アコースティックギター二本で合わせるとなると、そういった曲が良いよなあ(というか、俺はジャズギターなんか弾けないし)。
そして、今度はちゃんと練習しなくては。サックスなら別の土俵だけど、同じギターで合わせるとなると下手は下手なりに頑張らないと、プロである江口さんに対して失礼だ(いや、サックスもちゃんと練習しなきゃ駄目なんだけどさ)。

曲はエリック・クラプトンの名曲「WONDERFUL TONIGHT」と沢田研二勝手にしやがれ」に決めた。本当は洋楽オンリーが良かったのだけれども、聴いてる人の事考えると、邦楽もあったほうが良いだろうという選択だ。

それから本番まで家で時間があると練習をこなした。ドラム担当でやっているバンドの練習曲もあるし、7月の発表会に向けてピアノの練習もしなくちゃいけない。素人のくせに色々首を突っ込みすぎである。
だが、楽しいから、その忙しさが一切苦にならない。こんな忙しさならウエルカムだ。
本番までの一週間くらい、江口さんと共演出来る楽しさでずっとわくわくして過ごした。大好きな女の子をデートに誘って、その日を待ちわびてる10代の男の子みたいだった。

当日、いざ本番。椅子に座ると、ひざが震えて来た。緊張という奴だ。過去にギター二本の演奏は人前でした事が何度かある。東京時代に、旧友とローリングストーンズのカバーをアコースティックギター二本でやるデュオでライブをした経験も何度かある。その時は、緊張なんて一切なかった。
だが、今回は違った。それはやはり江口さんと共演出来るという高揚感からくる緊張だったのだろう。

プロと一緒に演奏するというのは、とてつもなく緊張するけれども、またとんでもなく楽しい時間だった。俺のギターとヴォーカルはとにかく最低最悪なのだが、それを江口さんのギターがリカバーしてくれる。
勿論、プロとやれば必ず楽しい良い時間が過ごせるとは限らない。中には「お前らアマチュアなんかと俺がやってられっかよ」みたいな人もいるかもしれない。
だが、江口さんに限っては、そんな心配は一切なかった。最初から最後まで「プロだろうがアマだろうが、同じ音楽好き、楽しくやろうぜ」という気持ちみたいなものを感じる事が出来た。

至福の時を過ごす事が出来た。まさしく俺にとって、この夜は「WONDERFUL TONIGHT」だった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20180616222100j:plain

※演奏の動画を貼っておきます。カウンターにカメラを置きっぱなしで撮ったので、ピンボケが酷いですが、音を聴くには充分かと。俺のギター、ヴォーカルは聴く価値ゼロ(というかマイナス)ですが、江口さんのギタープレイは素晴らしいの一言です。

 

www.youtube.com