Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

盗まれて候

土曜日に自転車を盗まれた。
とある場所に駐車して、6、7時間後に戻ったら、綺麗さっぱり自転車は消えていた。一瞬唖然として、辺りをちょっと探してみたが、当然見つからない。

ま、仕方ない。盗まれたのは何年も前に買ったママチャリだ。減価償却したと思えば、腹も立たない。無論、翌日から足がないと困るのですぐに新しいのは購入したけれども。新自転車は、保険込で17,000円だ。勿論、ママチャリ。俺にとって、二万弱の出費は痛い。だが、自転車なんて新しいのを買えば済む話だ。
金で済めば安いものだ。というか、金でなんとかなるのなら、それは大した話じゃない。

札幌でサックスを中心としたバンドを組んだ話は前にも書いた(俺の担当は何故かギター)。そのバンドメンバーの楽器が盗まれるという事件が起きた。幸運にもすぐに楽器は見つかり、犯人も捕まった。
楽器という奴は、正直金では買えない。いや、言葉が正しくない。新品の楽器なら現金かカードを持って楽器屋に行けば買える。だが、長年愛用した楽器は、金換算の出来ないものだ。
長く使えば使う程愛着も湧くし、楽器に対しての思い入れも深くなるし、思い出も増える。それは金でなんとかなるものじゃない。

俺が愛用しているテナーサックスも大体7年くらい使っている計算になる。俺のサックスはノンラッカー仕様という奴で、表面にコーティングがしていないので、手の脂とかが付くと、楽器本体の色がどんどん落ちて独特の風貌になる。
それが好きで購入したのだけれども。こいつが盗まれたら、ちょっと洒落にならない。
購入時の値段は35万程度なので、楽器としてはかなり安物。テナーだと、ちょっといい奴だと、80万から90万くらいする。実際、友人でそれくらいのテナーを使っている人を二人ばかり知っている。
だが、楽器の価値は値段じゃない。

f:id:somewereborntosingtheblues:20180606012338j:plain

他に俺には愛用のエレキギターが二本ある。一本はサラリーマンになったばかりの頃に初ボーナスで買った。これは国産で8万くらい。これも安い。だが、初ボーナスで買ったという意味では記念の一本だ。買ったのは25年以上も前になる。f:id:somewereborntosingtheblues:20180606012443j:plain

もう一本は、大切な友人から譲り受けたもの。これは本当に金には代え難い。そもそも良いギターなのだけれども、これは本当に金に換算出来ない。俗に言う『いくら金を積まれても手放す事は出来ない』という奴だ。
俺が死んだ時は、棺にこのギターを入れて貰うつもりだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20180606012527j:plain

世の中、世知辛いもので、金がないと実際に辛い。貧乏はやはり心がすさむ。当たり前の話だが、「金が全てじゃない? 金なんですよ、世の中は!」という説に俺も賛成だ。
東京時代、同業者の社長と一緒に銀座のバニークラブで酒を飲んだ事があった(当然、その社長のおごりだ)。その席でセクシーな網タイツに身を包んだバニーちゃんの接客を受けながら、社長の苦労話を聴いた。その社長は以前、会社を一つ潰した事がある。
「もう貧乏のどん底の時なんて、晩飯が豆腐だからね。それ喰って凌いでさ、家族にも済まないと思ったよね」
そんな貧乏自慢(なのか?)を、俺はセクシーなバニーちゃんの太股を見ながら聴いた。

金が全てではないが、金があれば大抵の事はなんとかなる。そして同時に、金で片が付くなら、それは安いものでもある。
なんか日本語が変だが、そういう事だ。これは逆説的に「金でなんとかならない事が一番大変で辛い」という意味だ。
昔、当時のパートナー(意味は想像出来るかと)に金を持ち逃げされた事がある。俺が彼女を信頼して、通帳やカード、印鑑を預けていたからだ。
気付いた時には、トータルで俺の年収の半分以上の金が使い込まれていた。あれには唖然としたな。だが、「まあ信頼した俺が間抜けだったんだな。それに持っていかれるだけの金があったから、彼女も持って行ったんだし…」と俺は諦めた。
つまり、これは金で片が付いたケースだ、ちょっと意味違うけど。彼女と別々に暮らす事を決断した時、「いつか返す」と言われたが、当然一円も支払われてはいない。俺も返ってくるとは思っていなかった。今は没交渉だから、当然そんな口約束は反故になっている。

また俺自身もプライベートでやらかして、進退窮まった事があった。これはちょっと詳細はさすがに書けない。最悪の結末になった時は、仕事も生活も全て破綻するだろうという想像もついた。
これは金をいくら積んでもどうにもならないほうの事象だった。最悪のケースになったら、俺は仕事を辞めて、有り金持ってアメリカへ行って野垂れ死にしようと思っていた。
運よく、最悪の状態にならなかったので、今でもサラリーマンやってるけど。

だから、金でなんとかなるうちは、金で解決すればいい。どうせ金なんて墓場まで持っていけやしないのだ。だったら、有効に使えばいい。
ただ、非常に残念な事に、俺には有効に使う金そのものがないのだけれども。