Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

サックスを吹いて、友達を作ろう

f:id:somewereborntosingtheblues:20180117221319j:plain

今、俺はサックス教室とピアノ教室に通っている。どちらも同じX楽器の運営する教室だ。東京にいた時も、このX楽器の葛西支店(東京江戸川区)のサックス教室に通っていた。
札幌に引っ越す事が決まった時に、「札幌でサックスどうしよーかなー(どこで習おうかなという意味)」と思っていたが、やはりX楽器で習う事になってしまった。

サックスに関しては「サックスを吹く機会を意図的に作らないと、吹かなくなってしまう」という懸念があった。賃貸マンション暮らしだと、どうしても家での練習は出来ない。カラオケボックスに行って自主練習するという手もあるが、いかんせん雪の札幌で、自主練習の為にカラオケボックスまで出掛けるのは億劫だ。
となると、やはりレッスンを習うという強制的な部分があったほうが、サックスを吹く機会も自然と増える。

また、札幌に来る事が決まった時から、ピアノを習おうと思っていたから、X楽器は都合が良かった。X楽器の札幌支店は、ピアノ教室とサックス教室の両方があったからだ。ピアノはA教室、サックスはB教室なんてのは煩雑過ぎるし、両方同じところのほうが、何かと都合が良い。
また、X楽器が職場から徒歩5分のところに存在していたのも選択した大きな理由。社会人の場合、やはり仕事の後とか合間にレッスンを受けるから、職場に近い方が断然便利。

ま、あとサックス、ピアノを習うというのは当然楽器習得(ピアノは初めてやるから習得、サックスは東京でもやっていたから継続だね)が主目的だけれども、それと同じくらい大事な目的として、知人友人を教室を通して作るというのがあった。
何しろ俺は札幌には友人知人の類が一人もいないからね。

ピアノ教室に通い始めたのが2017年の1月(おっと、びっくり。もうピアノを習い始めて一年だよ)だが、札幌に越してきてから、最初の3ヶ月くらい、仕事以外でじっくり話した女性なんて、ピアノのA先生くらい。
別に若い女性とお喋りしたい、という事じゃない(ピアノの先生は大抵若い女性だから)。だが、仕事のことが一切絡まない人間とゆっくり話が出来る機会が欲しかったというのは事実だった。
札幌の最初の4ヶ月は、相方もいなくて独り暮らしだったから、「友人もいない孤独な中年男性」なんて「侘しさ」以外に何も浮かんでこないよ。全く笑いごとじゃすまされない。

また、ピアノ、サックス教室以外に、バンドでドラムを叩く事によって、バンドの仲間を作る事が出来た。知り合いを作るという一つの目的は達成されたと言ってもいいかな。

X楽器では来月に札幌の結構でかいホールを借り切って、複数店舗合同での発表会があるのだ。これは東京時代にもあって、サックスで何度も参加した事がある。ただ、東京の場合は複数店舗合同じゃなくて、一店舗のみでの主催だけど。これはきっと費用とかの問題が絡んでくるのだろう。

そして、先週の日曜日、その発表会に先駆けて、プレ発表会が実施された。これは来月の本番に向けてのリハーサルみたいなもんらしい。先生に言わせると、本番前に人前で吹く事によって、プレッシャーに慣れる機会を作る為なんだとか。
俺はサックスはソロとアンサンブルの両方で出る予定なので、日曜に二曲程吹いてきた。

参加者が30組程いて、結構な人数だ。俺の出番はソロ→アンサンブルの順。ところが、どうも控室でチューニング確認をした時から、サックスの鳴りがおかしかった。
いざ自分の出番が来て、ピアノとチューニングを合わせようとしても、上手くいかない。明らかに異変が起きているのは判るが、その理由が判らない。
サックスの先生が横で確認してくれる。先生が俺のサックスを見ながら「なんか、ここおかしいですね」と。どうやらサックスの本体の一部が故障していたらしい。
「こりゃ、今日は俺はパスかな」と思っていると、先生が「私のサックス使って吹いて下さい」と言う。そうくるかと思ったが、自分のサックスがイカれている以上、それしか手はない。

急遽、先生のセルマー(サックスのブランドとしては最高峰)を借りて吹く事に。サックスは個体差が激しいから、人の楽器だとどう鳴るか想像がつかない(ましてや一度も使った事ないし)。
が、まあしょうがない。逆に失敗したら「初めて使った楽器なんで、どうも勝手が判らず失敗した」と言い訳出来るな、と思いながら吹いた。演奏したのは「Walts For Debby」ビル・エバンスのジャズの定番曲だ。
さすがにサックスの先生が使っている最高峰の楽器だから音の鳴りは良かった。残念ながら、それを吹きこなせる俺の腕がないのが残念だったが。

アンサンブルの出番が来る前に、店のほうで俺のサックスは治して貰った。あんまり大した故障ではなかったようだ。アンサンブルは無事に終わった。
その後の打ち上げで、一緒にアンサンブルをやったHさんと話をすると(それまではアンサンブル練習の時にちょっと話をする程度だったからね)、同い年である事が判明した。
また、彼は札幌で飲み屋をやっていて、店でライブをたまにやるのだけれども、今度出てみない?と誘われた。これも嬉しい誤算。
また、少しではあるけれども、他のサックスの会員さん達と話をする事も出来た。あんまり慌てても仕方ない。
とりあえず、サックス教室で知り合いを作るという一歩は踏み出せた。

来月が本番だけれども、むしろ本番前で俺は大事な目的を図らずも果たしてしまった形だ。


二週間後は、今度はピアノのプレ発表会がある。サックスと違って、ピアノはアンサンブルとかある訳じゃないから、ピアノ教室の人と気楽に話が出来る状態になるか心許ない。が、そこらへんはちょっと頑張って自分から声を掛けてみないとね。
(イメージの問題なんだけど、なんとなくサックスよりもピアノをやる人のほうが大人しい気がする)


下の動画はもう何年も前に、東京にいた頃に演奏したもの。日曜のプレ発表会は別に動画とか撮ってないから、その代替という事で。

www.youtube.com