Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

そうだ、札幌ドームに行こう!

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230231j:plain

以前書いた事があるけれども、俺は鹿島アントラーズのサポーターだ。サポーターとファンてどう違うのかよく判らない。サポーターでも、ファンでもどちらでも構わないけれどね。とにかく、サッカーはアントラーズを応援している。
だから正直な話、サッカー日本代表がワールドカップで優勝する事よりも(俺が生きている間に実現する可能性はゼロパーセントだ)、鹿島アントラーズがリーグ優勝するほうが嬉しい。

東京にいた頃はレンタカーで茨城県にあるカシマスタジアムまでよくアントラーズの試合を観に行った。一回行くと、安い温泉旅行と同じくらい金が飛んだ。でも、好きなものを応援するってのは、そういう事だろう。

そして去年の冬に札幌に来た。もう以前のようにアントラーズの試合を観る事は叶わない。さて、どうしよう。北海道(札幌)には、コンサドーレ札幌というサッカーチームがある。うちから自転車で10分のところにコンサドーレの練習場もある。
よし、ちょっと試しにコンサドーレ札幌の試合を観に行こうじゃないか。生で試合を観たら、コンサドーレに惹かれるものがあるかもしれない。

コンサドーレのホームはあの札幌ドームだ。せっかく札幌に来たのだし、札幌ドームも行ってみたいしな。コンサドーレは正直言って強くない。一部リーグと二部リーグを行ったり来たりしている。だから、勝率もあまり良くない。
さて、どのチームとの試合を観にいくべきか。
浦和レッズ戦、これは無理だな。浦和には勝てないだろう。どうせ行くなら勝試合が良いもんな。これはパス(そしたら、浦和に勝ってしまった。タイミング悪い)。
横浜マリノス戦、これは平日か。ちょっと厳しい。
そして、8/13の日曜。対戦相手はヴァンフォーレ甲府、お! これはいい。客観的に見て、甲府もあまり強くない。これなら運が良ければ、勝利が見られるかもしれない。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230327j:plain

ということで、8/13の試合を観に行く事決定。相方に8/13に札幌ドームに行こうと話す。相方もコンサドーレ札幌のサポーターになろうかなーと言っていたのだ。サポーターって意識してなるもんじゃないと思うけどね。

地下鉄で30分ちょっと乗って、東豊線福住駅に到着。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230352j:plain

東豊線の終点(始発)だ。去年、部屋の下見に来た時に候補の部屋の一つが福住だったのだ。この街に住んだら、コンサドーレ日本ハムファイターズの試合を年中見る事が出来るなあと思ったが、残念ながら候補の部屋を相方が気に入らなかった。
家賃、駅からの距離、部屋の間取り、景色等ほぼ全てが気にった。唯一、相方の合格を得られなかったのが一昔前のIHのキッチンだった。
「このキッチンだとなー、料理するモチベーションが上がんないんだよなー」
仕方ない。キッチンは主婦の城だからな。

駅からドームまでは徒歩10分との事。駅前の地図を見ると結構近そうな感じだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230416j:plain

歩き出すが、ドームに向かっている人でコンサドーレのユニフォームを着ている人があまりいない。現地に着いてから着替えるのかな?

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230500j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230520j:plain

と、札幌ドームが見えた。物凄く近未来的な佇まい。東京ドームとは違うなあって感じだ。どっちが良い悪いって事じゃないけど。
写真撮り忘れたけど、食い物関連の私設が充実していたのが驚きだった。サブウェイやケンタッキーとか色々あった。札幌ドームなら食事には困らないな。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230541j:plain

今回は赤黒エリアと言われるサポーターエリア。席は基本自由席だ。かなり混んでいて空いていない。来るのが遅すぎたか。試合開始の15分前に到着だったからな。もっと早く来るべきだった。
なんとか席を確保して試合観戦。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230605j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230620j:plain

だが、そもそもコンサドーレの選手を殆ど知らない。顔と名前が一致するのが、小野と稲本だけだ。おまけにこの二人はこの日は出場しなかった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230649j:plain

ゲームが始まったが、こちらは売店で買ったビールをゆっくりと飲む。この日はビールが300円(普段は650円)というスペシャルデイだったので、俺の頭の中はどちらかというと試合よりもビールになっていた。

とにかく驚いたのが、普段のアントラーズの試合を観ている時と、興奮度が全然違うという事だ。まったく、ハラハラドキドキしない。アントラーズが攻めれば、ヒートアップし、不利になると祈るような気持で応援する、そういった事が一切なかった。
当たり前かもしれない。俺はコンサドーレを嫌いな訳じゃないが、別に好きな訳じゃないのだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230731j:plain

コンサドーレが点を決めた瞬間、周りはヒートアップした。俺も一応拳を突き上げたが、それは周りのサポーターへの敬意を表してのお付き合いに過ぎない。
アントラーズが点を決めた時は、アドレナリンが大量に出まくったものだが、それと比べるのはそもそも違うのかもしれない。

結局、試合中、チューハイ1杯と生ビールを4杯飲んだ。ここまで心穏やかにサッカー観戦をしたのは人生初かもしれない。
後半、甲府が一点を返し、試合は一対一の引き分けで終わった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230811j:plain

ちなみに入り口でコンサドーレ応援グッズみたいな感じで簡易ナップザックをもらった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230837j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230858j:plain

例えて言うなら、好きでもないバンドのライブに付き合いで来た時の気分に近いかもしれない。

好きな物(者)って、「好きになろう」って決意したから好きになれる訳じゃないし。
でも最初その気がなくても、付き合い出したら、本気になる場合もあるしな。

大昔、結婚まで考えた女性に振られて、やけ酒に付き合ってくれた女性と成り行きで付き合ったら、その後本気で惚れてしまった経験があるしな。そういう事もある。
だから、もしかしたら、コンサドーレ札幌が、その女性みたいな立場になるかもしれない。

そうなる事を願って、また試合を観に行こう。下の写真は福住駅の地下道。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230938j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20170816230951j:plain