Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

Drive My Car(車を買ったのだ)

f:id:somewereborntosingtheblues:20170607000848j:plain

先週の土曜の事。
車を買った。ハスラーという軽自動車。
人生で初のマイカーだ。この歳になって車を持つ事になるとは思わなかった(ちなみに納車はまだ)。

去年の秋(厳密には9月)、札幌の会社に採用が決まった。札幌で正社員になる為に東京を離れる不安と、これからも東京でフリーランサーでやっていく不安、両方を天秤にかけて札幌に来る事を決めた。
相方には勤めていた会社を2017年3月で辞めてもらい、4月に札幌に来てもらった。

東京にいる頃から二人で「札幌に引っ越したら、車要るよね」という話はしていた。
東京は日本で一番交通の便がいい。マイカーなんかなくても生活に不自由はしない。電車、地下鉄、バス、公共の乗り物には困らない。それに雪も殆ど降らない。
去年の10月に部屋探しをした時も、手伝ってくれた不動産屋の店長が「北海道は車社会ですからね。車がないと不自由ですよ」と俺達を充分に脅してくれた(笑)

実際に去年の12月から今年の4月まで札幌の雪を経験して思った、確かに冬は車がないと身動きが取れない。逆に車があっても、年中スリップしてたりして怖いのだが、やはり車は必要だ。俺が一人でいた時は、自分の分の食料だけを駅前スーパーで買って徒歩で運んでいた。
だが、相方はそういう訳にはいかない。やはり食事は相方の担当だし、買い出しも相方が行かねばならない。今の季節なら、俺も相方と一緒に自転車に乗って買い出しに付き合えるが、冬の自転車は無理。車で行くしかないだろう。
そう考えたら、車は買わなくてはいけない。

車を買おう、そう決めたがそれ以外で決まっていた事は二つだけ。
1)二人きりの生活なのだから、軽自動車で充分。
2)冬は豪雪の中を走らなくてはいけないから、4WD(四輪駆動)。

当然、払うのは俺の役目。相方から「予算はどのくらい?」と訊かれたが、訊かれても困るのだ。何しろ車を買った事ないのだから。これがギターやサックスを買うってのなら、予算の目途が立つんだけど、車だと全然判らない。
昔、よく中古車屋さんの前を通った時に、100万くらいで売っていたのを思い出して「100(万)くらいかなー」と答えた。

相方が4月に札幌に来た。当初、やる事もなく暇だった相方は中古車屋巡りをしたようだった。そこで、候補の店を何軒が廻ったらしい。そして、軽専門に取り扱っている店がうちのマンションから自転車で10分程度の距離のところにあるのを探してきた。

先々週の日曜日、生まれて初めてカーショップに行った(相方は昔車を買った事がある)。その店は所謂「新古車」のみ扱う店だったらしく、結構値段が高い。どうやら、100では無理そうだった。
車本体の値段に次回車検代、冬用タイヤのおまけなど色々なオプションや手続きの料金等が掛かり(この辺りも一切判らなかった)、130以上は考えないといけないようだった。

元々は、中古車を考えていたのだ。新古車とはようは展示してあったが、まだ誰も普通に運転していないという状態の車らしい。なので、値段が結構高いのだと言う。そういわれても、俺にはその値段が安いのか高いのか判断出来ないのだけれども。

その日は、「これだ!」というのがなかったので、ディーラーさんから名刺を貰って帰った。だがまあ車は買わなくてはいけない。俺と相方の中では、最初は「全部こみこみで100で収めよう」という予定だったが、それが無理な事が判った。
相方が「中古車とか買うと初期費用安くても、結局色々やると高くつくから、新古車のほうがいいかもよ」と言い出した。俺は一万でも安くあげたい、という気持ちでもなかったので、相方の希望を尊重する事にした。

相方が出来れば新古車(つまり、まだオーナーが発生していない車)を購入したいという空気も伝わってきたので。そりゃ誰だって中古よりも新車(新古車だが)のほうが良いもんね。

そして先週の土曜日にまたその店に行った。ネット情報で目玉商品の車が掲載されていたからだ。行ってみると、確かに俺達が想定していた値段よりも15くらい安い。見て理由が判った。マニュアル車だった。うーむ。
さすがに、この季節ならマニュアル車でも全然構わないんだが、冬の事を考えると、マニュアルよりオートマ車のほうがいいよなあ。ここで、10万、15万を惜しんで冬にマニュアル車で事故起こしても…

前回説明してくれたディーラーさんが「これなんかどうです」と勧めてくれたのが「ワゴンR」。悪くない、ただ色が白しかなかった。相方は軽でボディカラーが白だと社用車みたいで嫌だとずっと言っていた。
それとディーラーさんも「冬の雪の中、白は同化しちゃうんで、白じゃないほうが事故率は下がりますねー」とも。
ディーラーさんが次に勧めてきたのが、黒のハスラー。ワゴンRよりも車高が高い。そして色が黒だ。なんとなく、俺と相方の中でハスラーでいいんじゃない? という流れになってきた。
「決めようか」「これにしよう」という事で、ハスラーを購入する事に決定。ハスラーを見てから10分くらいで決まった。

f:id:somewereborntosingtheblues:20170607001140j:plain



後で相方に「なんか、あっさり決まっちゃたねー」と言うと「買う時はそんなもんだよ」と。そういうもんなのかね。

カーナビをつけたりして、トータルで150弱の出費。人生でこんな高い買い物は初めてだ(笑) 俺は家も持ってないしな。

だが、まあ仕方ない。札幌で暮らす為に、相方には色々なものを東京に置いてきて貰った。
仕事、昔からの友人、趣味…
そして相方は車の運転が好きなのだ。俺と一緒になる時に「まさか、車に興味ない人と一緒になるとは夢にも思わなかった」と自分で驚いていたし。

無論、車は俺達にとっては「必需品」だ。「贅沢品」じゃない。だが、車がある事で相方は色々と行動範囲も広がるだろうし、純粋に趣味だったドライブも出来るようになる。相方は以前(俺と一緒になるずっと前の話だ)、夜よくドライブに出掛けたと言っていた。
札幌で新しく暮らし始めた相方にとって、車はやはり「必需品」なのだ。
相方は「車来たら、富良野に行ってラベンダー観たいなあ」と言っている。富良野のラベンダーは俺も楽しみだ。

随分と高くついたが、このくらいは男としてやらなくちゃ駄目だろう、きっと。
今後の駐車場代とガソリン代の事を考えると頭が痛いけれども(笑)