Some Were Born To Sing The Blues

酒好き、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

2016/06/25に鹿島アントラーズの試合を観て来たのだ(千葉の小江戸も観て来た)

2016/06/25(土)の事だ。
茨城県カシマスタジアムまでサッカーを観て来た。無論、鹿島アントラーズのホームゲーム。俺は鹿島アントラーズのサポーターなのである。今年は色々あって、6月終わりまで、アントラーズの試合を観る事が全然出来なかった。全くサポーターとして忸怩たるものがある。

どうせ茨城まで出掛けるのだから、途中で何処かに寄ろうと相方に提案する。すると相方が千葉に「小江戸」と呼ばれる街並みがあって、そこが世界遺産登録を目指しているから寄ってみてはどうか?と言って来た。
時代劇好きな俺からすれば「小江戸」とはなかなか興味をそそられる響きだ。

首都高から東関道に乗り、佐原香取ICで降りる。GPSで観光地検索をすると1件しかヒットしなかった。すぐに「水の郷 さわら」という道の駅にたどり着いた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704223541j:plain

まずはここで何か買ってから、「小江戸」に行こうとなった。道の駅は、野菜が安い! これに尽きる。東京の高くて小さい野菜に見慣れた俺達には道の駅で売っている安くて大きい緑の野菜は非常に魅力的だ。残念ながらこの後サッカー観戦が控えているので葉っぱ物を購入は遠慮しておいた。
タケノコ、トマト、漬物等を適当に購入。相方はアワビ入りお握りをゲットして大喜びしていた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704223755j:plain

そして、「小江戸」に向かう。ここの名称は「佐原の町並み」というのが正式(?)な名称らしい。なんでもそこにはあの「伊能忠敬」の生家があるのだとか。初めて知った。しかし、伊能忠敬と言われてもなあ。日本地図でしょ、くらいしか思い浮かばない。いや、偉人であるのは間違いないんだろうけどさ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704223629j:plain

この辺りは、江戸の街並みをイメージしているせいか、トイレすらも昔ながらの雰囲気を漂わせている。まあ、微妙だなってのは拭えないけどね。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704223833j:plain

伊能さんには申し訳ないが、一切興味が沸かなかったので、資料館はご辞退申し上げた。そしてメインである小江戸を散策。おお、確かに雰囲気はあるな。ここで時代劇のロケとかやっていてもおかしくない。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704223937j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224041j:plain

と、イタリアン・レストランの看板に遭遇する。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224108j:plain

この景色にイタリアンとは謎のミスマッチ感がなかなか良い。店の入り口が完全な純和風家屋なのが良い。残念ながら丁度中休みの時間だった。それにディナーは完全予約制。まあ、こっちはこれからサッカー観に行くから、イタリアン喰ってる場合じゃないんだけどね。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224132j:plain

この街並みはまあ悪くはないんだけど、何と言うかあと一歩が足りない感じ。江戸を思わせる景色の中にちょいちょい現代の建物が紛れ込んでいる。そして、観光客を呼ぶにはあまりにも飲食店やイベント的スペースが足りない。正直、これで集客するのは厳しいのでは、と思わずにはいられなかった。下みたいな雰囲気の店がもっと欲しいところ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224444j:plain


ということで、時間も5時を回ったのでカシマスタジアムに向かう(サッカーの試合は7時からだ)。いつも使っている駐車場がいっぱいで(この日はファースト・ステージ最終戦、おまけに勝てば優勝という事もあり、いつもより観客が多かった)、駐車場探しに四苦八苦した。
試合開始40分前にやっとスタジアムに到着。このスタジアム見ると、ボルテージ上がるんだよね。このスタジアムの姿がまあ、美しいんだよなあ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224556j:plain

そして中に入って食べ物をゲットしようとする。が、観客が多いせいかどの店も長蛇の列。いつもモツ煮を買う店に並び、モツ煮、常陸牛の串焼き、コロッケ、メロンパンを購入。本当はいつもは他の店でラーメンも買うんだけど、時間がなくて諦めた。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224631j:plain

席に座り、バックスタンドに目をやると、アントラーズ応援団の真っ赤に染まったいつもの風景を見る事が出来る。これも又テンションが上がる。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224659j:plain

そして、ゲームが始まる。ゲーム中は勿論、ひたすら応援に没頭する。それでも、時々ゲームが落ち着いた時を狙って写真を撮ったり。
下は、アントラーズの8番、土居聖真選手。俺の一番のお気に入りの選手だ。今日は彼のゴールを見る事も出来た。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704224958j:plain

結果は2-0でアントラーズの勝利。
アントラーズはファースト・ステージ優勝を決めた(とか言っても、ファースト・ステージ優勝っていうのは、年間チャンピオンを決める決勝トーナメントの出場権を得ただけなので、優勝というのはあまり意味がない)。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704225031j:plain

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704225105j:plain

優勝セレモニーを見ていると帰りの渋滞に巻き込まれる事必至なので、速攻でスタジアムを後にする。この夜のスタジアムも雰囲気あって、好きな景色の一つだ。

f:id:somewereborntosingtheblues:20160704225215j:plain

帰りの車の運転を相方に任せて、あらかじめ買っておいた缶チューハイで個人的に祝勝会!

やっぱりアントラーズの試合を生で観るのは最高だ。今年は前半は全然観られなかったからなあ。後半は1試合でも多く観たいものだな。