Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

俺のバケットリスト

同僚のS君(俺の一つ年下)は煙草を吸う。何年か前に健康診断でドクターストップが掛かり、煙草は止めていた。が、気付くと恒常的に、吸うようになっていた。
「S君さあ、煙草止めてなかったか?」
そう訊くと彼は答えた。
「ああ、止めてた。でも今は普通に吸ってる」
彼の言い分はこうだ。あの東日本大震災のニュースを見て、思ったと。人はいつ死ぬか判らない。だとしたら、やりたいことをやらないでいて死んでしまったら、堪らないだろう、と。
なるほど。彼の言い分は判る気がする。確かに俺もそれほど刹那主義じゃないけど、やりたいことをやらずに死んだら嫌だものな。
だが、じゃあ俺が死ぬまでにやりたい事ってなんだろう。
長年二つの大いなる野望があった。夢想、妄想と言っても良いかもしれない。
一つがローリングストーンズとセッションをやることで、もう一つが仲間由紀恵ちゃんと一晩一緒に過ごす事だ。
どっちも金さえ積めば出来る、という代物じゃない。だからまあ、夢というよりも妄想だな。流石に俺も自分の描いたものが現実的かどうかの判断は下せる。
という事で妄想は一旦端に置いてだな、現実的なバケットリスト(死ぬまでにやりたいこと)はなんだろうと考えてみる。
海外旅行に行くというのは、金と時間を準備すれば出来る代物だから、決して難易度は高くない。いやその金を準備するのは結構大変なんだけどさ(笑)
他はなんだ? サックスでカルテットを組む事か。これは難易度高いな。自分がソロでピアノ伴奏を誰かにして貰うなら出来る。過去にやったことあるし。でもカルテットとなると、ちゃんとバンドの上物としてリズムセクションを引っ張るだけの演奏やリーダーシップを取れないといけない。これは難易度高いなあ。
となると、まずはサックス奏者として、バンド参加か?随分前に一時一緒にバンド組んでた人からサックスでの参加を打診された事あったんだよなあ。あの時はサックスカルテットとドラムで参加してたバンドと二つグループに参加してて余裕ないから、断っちゃったんだよなあ、惜しい事した。
よし、当面の目標はサックスでのバンド参加にしよう、ってこれバケットリストか? ただの中短期的目標じゃねえか?
やっぱり俺のバケットリストは仲間由紀恵ちゃんと一晩…(以下、省略)

f:id:somewereborntosingtheblues:20150128084628j:plain