Some Were Born To Sing The Blues

酒好き(2017年秋に断酒を宣言)、音楽好きな中年のおっさんの日々の呟き。趣味はテナーサックスとドラム。2016年冬に50歳目前で札幌に引越し、2017年春にピアノを始めました。

日常

人のサックスを笑うな

地震から一週間以上が過ぎて、札幌の街にも以前と同じような日常が戻って来た。勿論、復旧には程遠い場所も沢山あるが、今の俺に出来る事は、以前と同じような日々を過ごす事だけだ。今の自分に出来る事を粛々とやるしか他にない。 停電が復旧してから、東京…

北海道胆振東部地震に関する覚書

札幌に住んで一年と八ヶ月になる。 先日、北海道胆振東部地震に遭遇した。その顛末を(まだ完全に復旧した訳ではないけれども)、備忘録として書いておきたい。2018/09/06、夜中の3時過ぎにいきなりマンションが揺れた。確かに揺れは大きかったけ…

高嶺の花

20代の時、初めて勤めた会社に、一回り以上年上の女性がいた。身長が170センチ近い。スリムで背が高いなぁというのが第一印象。ショートカットで、きりっとした雰囲気を漂わせていて、近寄りがたいオーラを発していた。タイトスカートから伸びた、すら…

札幌の二回目の夏が終わる

(写真は、大通り公園である。冬に札幌雪祭りの会場となる場所) 札幌で過ごす二回目の短い夏が終わろうとしている。去年は、相方と富良野に行ってラベンダーを観たり、積丹半島に出掛けて雲丹を食べたりと色々動き回った。が、今年は殆ど出掛けていない。 …

ボ、ボクはオニギリが食べたいんだな

通勤には、地下鉄を使っている。これは東京にいた頃と変わらない。東京と大きく違うのは、こちら札幌では朝の通勤で座れるという事だ。毎日必ずという訳じゃないが、大体三日に二回は座れるくらいの高確率。仮に座れないとしても、電車に乗っている時間は1…

現実からの逃避

日々、なんの屈託もなく、悩みも辛みも抱えずに生きている人というのは、そういないと思う。大なり小なり、誰もが辛さや苦しさ、要するにストレスだ、を持って、それと折り合いをつけながら、毎日を過ごしている。笑顔を絶やさずにいつでも陽気に見える人だ…

東京

先週、実に一年半振りに東京へ行ってきた。目的は研修の為の出張だ。研修は三日間。上手い具合に研修最終日が金曜だったので、土曜日に札幌へ帰る便を予約する事が出来た。東京初日の夜、金曜の夜、土曜の昼と東京時代の友人らと旧交を暖める事も出来た。研…

はっきりしやがれ!

仕事が終わり、地下鉄に乗り込む。運が良いと座れる事も結構ある。この日はその運が良い日だった。出口に近い一番端の席にサラリーマンA氏、そしてその横に俺と座った。いつものように、音楽を聴きながら、ぼんやりとする。その時だった、俺の斜め前(つま…

不細工な奴ほど、綺麗な服を着てお洒落をしろ!

女性が綺麗な服やバッグ、靴などを見て欲しくなるのは自然の摂理だと思う。俺はファッション音痴なので、そういった感覚はいま一つよく判らないけれども。(俺は一年中、Tシャツ、ジーンズ、ビーチサンダルで過ごせればOKの人間だから)。 「私なんかがこ…

異邦人@札幌

東京から札幌に引っ越したのが、2016年12月(厳密には11月終わり)。それから遅れる事、4ヶ月。相方も札幌にやってきた。相方が4ヶ月遅れた理由は、東京時代の仕事の関係。俺の引越しのタイミングでは、相方の仕事が片付かなかった。 そして相方は札幌で事…

「お疲れ様です」とは言いたくない

お気に入りのBlogが久しぶりに更新されていたので、おっと思い、クリックしてそのBlogに到達。読み終わり、「相変わらずこの人の文章は面白いなあ」と満足したのは良いのだけれども、そのBlogのコメント欄を見て、ちょっとした違和感を覚えた。ある人がコメ…

静なる土曜、動なる日曜

今日のBlogは、先週末の備忘録。 土曜日。午前10時くらいに目が覚める。今日は予定無し。というのも明日(日曜)はギター担当で所属しているバンドのライブなのだ。下手に出掛けると金も掛かる。それに最後にギターの練習もしておきたいし。 しかし、それは…

あんた、この劣等感をどう思う

人間というのは実に面倒くさい生き物だなあとしみじみ思う。そのうちの一つが「劣等感を持つ」という事だ。 生きてきて、劣等感を一度も抱かなかった人はいないと思う。例えどんなに美人であろうとも、頭がよかろうとも、金を稼いでいようとも、劣等感という…

17歳のままさ

FACEBOOKを見ていたら、ある女性がスリーショットの写真を投稿していた。キャプションにはこう書かれていた。「娘と孫と一緒に」 ああ、そうか。彼女はもう孫がいるのか。ちょっと驚いたが、年齢を考えたら格別不思議な話じゃない。その女性は俺が10代の頃に…

恋に生きるは切なすぎる、仕事に生きるはくたびれる

一週間ちょっとの東京滞在を終えて、相方が札幌に帰って来た。実母と過ごしたり、旧友達と邂逅したりと良い時間を過ごしたようだった。火曜日の朝、「今日帰ってくるんだよね」とLINEにメッセージを送ると「飛行機会社のミスで席がない。午前の便で帰る筈だ…

カミングホーム

(この景色は東京時代に住んでいたマンションのベランダから撮ったもの) 相方が今日から東京へ里帰りした。前からの予定通りに、実母のところへ二日程泊り、その後はアクセスの良いビジネスホテルに数泊して、友人達との旧交を温めてくるのだとか。トータル…

季節は春へ

札幌で二回目の春を迎えた。東京にいた頃は、何をもって「春が来た」と定義していたのかなあ、思い出せない。ここ札幌では、俺の中で明確な定義がある。それは「防滑仕様の靴から、通常のビジネスシューズに靴を履き替えた」時だ。つまり、道路の雪が溶け、…

良い感じで日々が過ごせている(かもしれない)

※上の写真は、2/17に撮影。下は3/15に撮影。同じ道だ。雪の積もり具合が全然違う事がよく判る景色である。 早いもので、札幌暮らしも一年三ヶ月が過ぎた。今年になってからやっと「なんとなく生活が落ち着いてきたなあ」と感じるようになった。これは、言葉…

TOEICの試験を受けて来た

或る日、上司から呼び出しを受けた。特に何かやらかした記憶もない。さて、用件は何だ?「まだ、TOEIC受けてなかったよね」そう言われた。そうか、やっぱりな。この会社の面接を受けた時、面接官に言われた。「うちの会社はTOEIC受験必須です。貴…

"How are you gonna live?" "Day By Day"

最近、仕事が阿保みたいに忙しくて、帰宅すると日付変更線を超えている事がしばしば。相方が温め直してくれた晩御飯を食べ、風呂から出ると、もう夜中の一時だったりする。こうなってしまうと、一日の終わりというか、既に翌日だ。帰宅して飯と風呂そして寝…

彼女に白い花束を

貴方は人生で何度、女性に花束を贈った事があるだろうか?貴女は人生で何度、想われ人から花束を貰った事があるだろうか? 花束を恒常的に貰える人というのはかなり限定されると思う。女優、歌手、ホステス、そのくらいだろうか、ぱっと思い浮かぶのは(ちな…

心臓に良くない

(この写真は俺の実家の群馬県前橋市の前橋駅前の様子) 今日は夕方からサックスのレッスンがあった。発表会で演奏予定の「Walts For Debby」がレッスンのメインだ。曲全体はほぼ出来ているのだけれども、細かい部分がまだ怪しいので、その確認の為だ。怪し…

年末年始@札幌

去年の年末年始(2016~2017)は東京で過ごした。まだ相方が東京に住んでいたからだ。もしかすると、それが東京で過ごす最後の大晦日だったのかもしれない。そして今年の年末年始は当然の如く札幌で過ごした。もう東京に行く必然性もないし、金もない。時間…

ホワイト・クリスマスなんか要らない

札幌に来て、二回目のクリスマスを迎えた。と言っても、俺はクリスチャンじゃないし、若者でもないのであまり関係がない。去年の札幌に来て初めてのクリスマスは何をやっていたのか思い出そうとしたが、さっぱり思い出せない。まだ札幌へ来て一ヶ月で、仕事…

札幌の嫌いなところ

札幌で暮らし始めて一年が過ぎたので、ちょっと札幌(北海道)について書いてみる事にする。 今日は「札幌の嫌いなところ」について書く。札幌(北海道)に関しては誉めるべき物や事はいくらでもある。が、今日はネガティヴな「嫌いな部分」だ。俺が観光や旅…

ホームシックになったのだ

どうやらホームシックになったらしい。 俺がじゃないよ。なったのは相方だ。相方が札幌に来たのは今年の4月。春~夏~秋と体験したが冬は未体験。つまり、今相方は札幌の厳しい冬と雪を初めて知ろうとしている最中。まだ雪が降る前は良かった。7月に車も購入…

札幌はもう紅葉の季節だ

世の中は三連休だ。当然、うちも三連休。俺も相方もカレンダー通りの休みである。が、この三連休、これといった予定や用事はない。三連休後に大きなイベントがあるので、その前に出掛けるとかの予定は入れられないのであった。 だが、だ。そうはいっても、家…

俺とお前と貴方と君と…

このBlogの一人称は「俺」で統一している。別に統一しているというか、普段の言葉遣いでも俺の一人称は「俺」だ。無論、仕事場では「私(わたし)」を使用している。 男性の一般的な一人称としては「僕」があるけれど、俺は普段「僕」は使わない。だから、俺…

君のいない週末

金曜の夜は、仕事が終わると一目散に君に逢いに行った。 土曜はランチを待つ事なく、君と時間を過ごした。そして夜が更けても一緒にいた。 日曜は街を一緒に歩いた。君の面影が至るところにある。振り払っても振り払っても消えない。 君はもう俺の側にはいな…

酒よ、さらば

酒を定期的に呑むようになったのが17歳くらいからだった。当時、勿論高校生。身長を伸ばしたかったから、煙草は吸っていなかった。酒はもっぱら部屋で一人で呑んでいた。なんで酒を呑んでいたかというと、物凄く単純な理由で酒が好きだったからだ。多分、こ…